太平山ハイキング
GPSによるコース記録と山行レポート
LR

町名は 平町、でも山名は 平山
栃木県の 太平山(太平山・晃石山・馬不入山)を歩く


mtmtmt 太平山 主な登頂コース
更新2014年5月14日
n1 あじさい坂からあじさい坂−随神門−太平山神社−太平山
n2 客人神社から客人神社−謙信平−太平山神社−太平山
n3 大中寺から大中寺−ぐみの木峠−太平山
n4 大中寺から大中寺−謙信平−太平山神社−太平山
bsline
コースマップ

1.あじさい坂から 太平山へ 【あじさい坂】23分 ⇒【太平山神社】15分 ⇒【太平山】

市営駐車場
標高105mあじさい坂の市営駐車場:トイレあり

拡大

市営駐車場は駐車場、そして休憩所とトイレ棟を兼ねた施設がある。ここを拠点にしてあじさい坂を登る。

コース
あじさい坂コース

鳥居
標高115m鳥居を通ってあじさい坂へ:木陰に六角堂

拡大

六角堂わきの石鳥居の先から石段が続く。標高差は150mほどある。あじさい坂は、その名のとおり花の季節には坂道の両側がアジサイやアヤメで覆われる

随神門
標高225m随神門:手前に遊覧道路

拡大

石段を登りつめ遊覧道路を横断すると「随神門」が構える。傾斜を増した石段が続き、左右の壁が迫ってトンネル状の神門を通過。

太平山神社
標高255m太平山神社

拡大

神門をくぐり抜けて視界が開け、目の前に社殿が現れる。太平山神社に到着だ。

境内は、社殿・拝殿・交通安全社・稲荷神社など弧状に一列となって南東向きに並ぶ。

登山口
標高255m祠の隣りに登山口

拡大

細長い境内の北側から「関東ふれあいの道」になる。登山口は祠と祠の間に目立たなく存在する。注意しないと見落としそうだ。

狭い登山道も栃木市を見晴らせたり、ゆったり緩やかな道に変わる。

巻道分岐
標高305m巻き道との分岐

拡大

この分岐ではしめ縄をくぐり尾根道へ進む。左に分岐する巻き道は山頂越えをした後に、この尾根道にまた出合う。

富士浅間神社
標高341m太平山 富士浅間神社

拡大

分岐から富士浅間神社のある山頂までは、標高差で40m足らずのひと息だ。

この先、晃石山や馬不入山へ足を延ばすなら 太平山系を縦走へ。

* 標高は GPS測位と地理院地図による推定

まろうど
2.客人神社から 太平山へ 【客人神社】33分 ⇒【謙信平】 27分⇒【太平山】

客人神社鳥居
標高50m客人神社の鳥居

この登山口の近くに駐車場がないこともあって、JRや東武線を利用するハイカーが多い。客人神社の近くを通って登山口へ。

コース
客人神社コース

登山口
標高50m客人神社コース登山口

拡大

神社の西隣りを進むと登山口があり、「大典記念・・太平山神社・・・」と記された石碑が立つ。しばらくは石段が連続するが、すぐ隣りにもジグザグの山道がある。

庭園
標高205m小さな庭園に出る:トイレあり

拡大

標高135m付近で 林道下皆川線 を横切る。なだらかで広い山道が続き、階段を登りきると、小さな庭園に出て車道に合流する。わきに蕎麦店とトイレがある。謙信平へは車道に沿って遊歩道を進む。

謙信平駐車場
標高225m謙信平駐車場:車道の両側3ヶ所60台・トイレあり

拡大

謙信平の南東に広がる展望は「陸の松島」と形容され、沿道には園地・駐車場・展望台と続き、茶店が軒を連ねる。

ショートコースとして、謙信平の駐車場に車を置いて歩きだすハイカーも多い。

あづま家
標高225m茶店「あづま家」前の分岐:向かいにトイレあり

拡大

「路傍の石」山本有三の文学碑を過ぎて、茶店「あづま家」で車道と分かれる。鳥居をくぐり抜けて、太平山神社へゆるい石段が続く。

シャガ
標高240m石段のわきに シャガ

2013年5月12日
境内にある花について、宮司さんが立ち話でいろいろ教えて下さった。宿り木のセッコクやクリンソウもちょっぴり。 ここの山地でシャガはあちこちで見られる。とくに謙信平へ向かう石段の途中で、白く点々と群生するシャガは見事なもの・・・

太平山神社
標高255m太平山神社

拡大

石段を登りきれば太平山神社。境内は社殿・拝殿・交通安全社・稲荷神社など弧状に一列となって南東向きに並ぶ。

登山口
標高255m祠の隣りに登山口

拡大

細長い境内の北側から「関東ふれあいの道」になる。登山口は祠と祠の間に目立たなく存在する。注意しないと見落としそうだ。

狭い登山道も栃木市を見晴らせたり、ゆったり緩やかな道に変わる。

巻道分岐
標高305m巻き道との分岐

拡大

この分岐ではしめ縄をくぐり尾根道へ進む。左に分岐する巻き道は山頂越えをした後に、この尾根道にまた出合う。

富士浅間神社
標高341m太平山 富士浅間神社

拡大

分岐から富士浅間神社のある山頂までは、標高差で40m足らずのひと息だ。

この先、晃石山や馬不入山へ足を延ばすなら 太平山系を縦走へ。

* 標高は GPS測位と地理院地図による推定

3.大中寺から 太平山へ 【大中寺】32分 ⇒【ぐみの木峠】15分 ⇒【太平山】

大中寺駐車場
標高80m大中寺 駐車場:トイレあり

拡大

この周辺は「大中寺の森」と標示され、サクラやアジサイの季節にはお花見で賑わう。

コース
ぐみの木峠コース

参道
標高80m大中寺の参道:ぐみの木峠は左の側道へ

拡大

鬱蒼としたスギ並木の参道の奥に山門と本堂を構える。「大中寺七不思議」伝説も遺され、名刹の雰囲気いっぱい。

ぐみの木峠へは山門と分かれ、岩のごろごろした沢沿いの暗いスギ林を進む。

アジサイ
2014年6月15日アジサイ開花状況

2014年6月15日
大中寺参道でも見ごろを迎えつつある。

スギ林
標高260mスギ林を縫って登る

稜線に近くなると傾斜を増して、ジグザグ道がスギ林を縫うように続く。

ぐみの木峠
ぐみの木峠 雪化粧
標高285mぐみの木峠

拡大

急登が終わるところがぐみの木峠である。

大中寺からの登りは、この峠で「関東ふれあいの道・稜線をたどる道」に出合う。枝ぶりのいいグミが迎えてくれる。

拡大

2月半ば、雪化粧をした時のぐみの木峠。

巻道の分岐
標高300m巻き道との分岐

拡大

ぐみの木峠から東に進む。登山道は林道と並行し、この道標で左に分岐。山頂まで標高差は40mだけの短い急登となる。

富士浅間神社
標高341m太平山 富士浅間神社

拡大

富士浅間神社のある山頂。社殿の裏側が小高くなっている。

* 標高は GPS測位と地理院地図による推定

4.大中寺から 太平山へ 【大中寺】24分 ⇒【謙信平】23分 ⇒【太平山】

大中寺駐車場
標高80m大中寺 駐車場:トイレあり

拡大

この周辺は「大中寺の森」と標示され、サクラやアジサイの季節にはお花見で賑わう。

コース
大中寺-謙信平コース

参道
標高80m大中寺の参道:謙信平は東側の車道へ

拡大

鬱蒼としたスギ並木の参道の奥に山門と本堂を構える。「大中寺七不思議」伝説も遺され、名刹の雰囲気いっぱい。

謙信平へ向かうには、山門を通らず境内東側の車道を登りつめる。

アジサイ
2014年6月1日アジサイ開花状況

2014年6月1日
大中寺参道では、もっとも気の早いアジサイでもこの程度。他は花が小さく、まだ色づきもない。本格的な開花はすこし先か。

馬首の井戸
標高105mスギの大木の根元に「馬首の井戸」

拡大

登りつめて行き止まりは「不開の雪隠」「馬首の井戸」など七不思議のエリアだ。馬首の井戸の脇から登山道に入る。根っこが出たりして、短い距離だけれどひと汗かく登り。

あづま家
標高225m茶店「あづま家」前の分岐:向かいにトイレあり

拡大

山道が終わり林道に出合う。すこし進んで茶店「あづま家」のある分岐から太平山神社の参道に入る。ゆるい石段を進んでいくと、5月なら参道の両側にシャガが迎えてくれる。

太平山神社
標高255m太平山神社

拡大

石段を登りきれば太平山神社。境内は社殿・拝殿・交通安全社・稲荷神社など弧状に一列となって南東向きに並ぶ。

登山口
標高255m祠の隣りに登山口

拡大

細長い境内の北側から「関東ふれあいの道」になる。登山口は祠と祠の間に目立たなく存在する。注意しないと見落としそうだ。

狭い登山道も栃木市を見晴らせり、ゆったり緩やかな道に変わる。

巻道分岐
標高305m巻き道との分岐

拡大

しめ縄をくぐり尾根道へ進む。左に分岐する巻き道は山頂越えをした後に、この尾根道にまた出合う。

富士浅間神社
標高341m太平山 富士浅間神社

拡大

分岐から富士浅間神社のある山頂までは、標高差で40m足らずのひと息だ。

* 標高は GPS測位と地理院地図による推定

その他のコースは・・・

太平山あじさい坂・客人神社から
晃石山大中寺・清水寺から
馬不入山・大明神山岩舟町運動公園から
岩船山表参道コース・裏参道コース
太平山系を縦走関東ふれあいの道・稜線をたどる道