晃石山ハイキング
GPSによるコース記録と山行レポート
LR
mtmtmt 晃石山 主な登頂コース
更新2014年5月14日
n1 大中寺からぐみの木峠−「関東ふれあいの道」稜線を西へ進む
n2 大中寺から林道西山田線を分けて水場コース
n2 清水寺から晃石山へ最短の直登コース
n2 清水寺から桜峠−「関東ふれあいの道」稜線を東へ進む
bsline
コースマップ

1.大中寺から 晃石山へ 【大中寺】32分 ⇒【ぐみの木峠】25分 ⇒【晃石山】

太平山系
晃石山の南東2.4kmから山麓から眺める 太平山系

拡大

大平町から大中寺に向かう道中で眺める太平山系「太平アルプス」。田園の向こうに馬不入山から太平山まで見渡せる。

大中寺駐車場
標高80m大中寺 駐車場:トイレあり

拡大

この周辺は「大中寺の森」と標示され、サクラやアジサイの季節にはお花見で賑わう。

コース
大中寺‐ぐみの木峠コース

参道
標高80m大中寺の参道:ぐみの木峠は左の側道へ

拡大

鬱蒼としたスギ並木の参道の奥に山門と本堂を構える。「大中寺七不思議」伝説も遺され、名刹の雰囲気いっぱい。

ぐみの木峠へは山門と分かれ、岩のごろごろした沢沿いの暗いスギ林を進む。

アジサイ
2014年6月15日アジサイ開花状況

2014年6月15日
大中寺参道でも見ごろを迎えつつある。

スギ林
標高260mスギ林を縫って登る

稜線に近くなると傾斜を増して、ジグザグ道がスギ林を縫うように続く。

ぐみの木峠
ぐみの木峠 雪化粧
標高285mぐみの木峠

拡大

急登が終わるところがぐみの木峠である。

大中寺からの登りは、この峠で「関東ふれあいの道・稜線をたどる道」に出合う。枝ぶりのいいグミが迎えてくれる。

拡大

2月半ば、雪化粧をした時のぐみの木峠。

見晴し
標高325m筑波山と大平町:見晴し

拡大

ぐみの木峠から高度を上げていくと、尾根道はスギ林からヤマザクラやコナラが目につくようになる。

小さなピークとコルの起伏をくり返し、やがて南東側に開けた展望所に着く。運よく好天ならば筑波山や加波山が遠望できる。

駒の爪
標高380m駒の爪

拡大

さらに「駒の爪」という岩塊が道ばたに現れて、急登も終わる。形が蹄に似ているし、貝のような化石も刻まれる。 駒の爪から10mほどのところに大中寺へ直下降するサブコースの分岐がある。

作業道
標高385m建設中の作業道:駒の爪付近

拡大

かねてより建設中の作業道がここまでできている。稜線の北側に並行して電波塔付近を通って晃石山の手前まで続く。何の施設?

晃石山
標高419m晃石山 山頂

平坦なスギ林の道を西へ進む。パラグライダー場を横に見て、すこし下ると晃石神社への分岐である。山頂は尾根道へ、神社は巻き道を進む。

日光連山
標高419m日光連山

山頂から北西方向の展望がきく。左から赤城山、日光白根山、男体山、そして右に鶏頂山が見える。お天気がよくて見えるとすれば、こんな パノラマが広がる。

山頂から
標高419m山頂から 岩船山・三毳山

拡大

南西方向には馬不入山へと尾根が続き、その先には岩船山・三毳山が見える。

北側
東側
北側のコナラに2枚一時は4枚あった山頂標識

ひさびさに晃石山を訪れたら、競うように山頂標識が幹に括られる。狭い山頂なのに4枚もある・・・ と思っていたら、いつの間にか茶色と白の2枚になった。

晃石神社
標高388m晃石神社

拡大

山頂を南に下れば晃石神社に着く。

昔々、晃石神社は山岳信仰で建立され、夜になると輝く「神石」があったとか。山名由来を記した案内板がある。境内にはテーブルとベンチがあり、いい休憩スポットだ。

* 標高は GPS測位と地理院地図による推定

2.大中寺から 晃石山へ 【大中寺】24分 ⇒【水場分岐】42分 ⇒【晃石山】

太平山系
晃石山の南東2.4kmから山麓から眺める 太平山系

拡大

大平町から大中寺に向かう道中で眺める太平山系「太平アルプス」。田園の向こうに馬不入山から太平山まで見渡せる。

2015年12月現在、林道西山田線は土砂崩れのため、清水寺-大中寺の間が通行止め

大中寺駐車場
標高80m大中寺 駐車場:トイレあり

拡大

駐車場を出て参道を100mあまり南に下る。その参道を右折して民家の間にある狭い路地に入る。

コース
大中寺-水場コース

水場コース入口
標高130m水場コースの入口

路地を抜けて林道西山田線に入る。登り坂を20分あまり進むと林道の頂点に着く。入口に「晃石山へ」の道標がある。ここから分け入れば水場コースとなり、林道を直進すれば清水寺に至る。

水場
標高210mしめ縄が張られた水場

沢の左岸を進んでいくと、パラグライダー用リフト乗り場と軌道が見えかくれする。やがてかすかな水音が聞こえはじめ、しめ縄がはられた水場が現れる。

右岸に移って沢沿いを真っすぐ登る。それまでゆるい傾斜が急なジグザグ道に変わり、きつい登りがしばらく続く。石段を過ぎ鳥居をくぐれば晃石神社だ。

晃石神社
標高388m晃石神社

拡大

晃石神社は昔々、山岳信仰で建立され、夜になると輝く「神石」があったとか。山名由来を記した案内板がある。境内にはテーブルとベンチがあり、いい休憩スポットだ。

晃石山
標高419m晃石山 山頂

社殿の裏手から標高差にして30m、5分ほど登ると山頂に立てる。

日光連山
標高419m日光連山

山頂から北西方向の展望がきく。左から赤城山、日光白根山、男体山、そして右に鶏頂山が見える。お天気がよくて見えるとすれば、こんな パノラマが広がる。

山頂から
標高419m山頂から 岩船山・三毳山

拡大

南西方向には馬不入山へと尾根が続き、その先には岩船山・三毳山が見える。

* 標高は GPS測位と地理院地図による推定

せいすいじ
3.晃石山へ 清水寺から直登【清水寺】44分 ⇒【晃石山】

清水寺駐車場
標高105m清水寺 駐車場:トイレあり

拡大

清水寺へのアクセスは広域農道からぶどう畑の細い車道に入り、登りつめると林道西山田線に突きあたって清水寺。道標にしたがって清水寺東側の階段を進む。

コース
清水寺-直登コース

観音堂
標高120m十一面千手観音堂/奥に東屋

拡大

まもなく現れる十一面千手観音のお堂と東屋の前を通って小沢を渡る。

石畳の階段
標高150m石畳の階段

取り付きは落ち葉に埋もれた石畳の階段。ところがその先は、一般コースとして太平山系随一のキツイ岩まじりの急登が続く。

晃石神社
標高388m晃石神社

拡大

急登が終わって、石段を二十段ほど登るとベンチが並ぶ晃石神社だ。

晃石神社は昔々、山岳信仰で建立され、夜になると輝く「神石」があったとか。山名由来を記した案内板がある。境内にはテーブルとベンチがあり、いい休憩スポットだ。

晃石山
標高419m晃石山 山頂

社殿の裏手から標高差にして30m、5分ほど登ると山頂に立てる。

日光連山
標高419m日光連山

山頂から北西方向の展望がきく。左から赤城山、日光白根山、男体山、そして右に鶏頂山が見える。お天気がよくて見えるとすれば、こんな パノラマが広がる。

山頂から
標高419m山頂から 岩船山・三毳山

拡大

南西方向には馬不入山へと尾根が続き、その先には岩船山・三毳山が見える。

* 標高は GPS測位と地理院地図による推定

せいすいじ
4.清水寺から 晃石山へ【清水寺】28分 ⇒【桜峠】30分 ⇒【晃石山】

清水寺駐車場
標高105m清水寺 駐車場:トイレあり

拡大

清水寺へのアクセスは広域農道からぶどう畑の細い車道に入り、登りつめると林道西山田線に突きあたって清水寺に着く。

コース
清水寺-桜峠

溜池
標高110m溜池わきの林道に入口

拡大

駐車場を出て林道西山田線を西へ進む。カーブする先に溜池があり、登山口が見える。

ジグザグ
標高190mジグザグの階段

真っすぐな沢沿いの道で、始めはゆるやか。そのうちに手入れされた階段がジグザグに連続する。やがて東屋とヤマザクラの古木がある桜峠に着く。

桜峠
標高275m桜峠

拡大

花の季節、「桜峠万本桜」と呼ばれ、清水寺からながめると、新緑とヤマザクラのきれいな彩りを見せてくれる。

桜峠付近は2011年春に北西側のスギ林が伐採され、かわりに諏訪岳や唐沢山が見えるようになった。

手すり
標高330m手すりのある階段

拡大

桜峠から北東に向かえば、階段と手すりがついた高低差60mの急坂が待つ。たいした距離ではないので、ゆっくりゆっくり。

390峰
標高390m青入山

拡大

階段を過ぎて、少し登ると390m峰である。近年になり「青入山」なる標柱が立った。ここを歩いて二十年、初めて目にする山名だ。

標柱を設置した「太平山南山麓友の会」によると・・・山名由来は不明だが「青入西」や「青入東」の地名はある。青入山は江戸時代には幕府直轄であり「青入御林」と呼ばれ、地元農民が管理を任されていた、との由。

掲示板
2004年=標高200m南麓にあった県営林の掲示板

拡大

記録写真を調べてみると、県営林「青入」という古い掲示板を見つけた。青入山の山頂から南東に、清水寺に近い標高200m付近の山林にそれがあった。板面に「西山田青入西」などの地名がある。

晃石神社
標高388m晃石神社

拡大

小ピークをふたつ越えると晃石神社にたどり着く。晃石神社は昔々、山岳信仰で建立され、夜になると輝く「神石」があったとか。山名由来を記した案内板がある。境内にはテーブルとベンチがあり、いい休憩スポットになる。

晃石山
標高419m晃石山 山頂

社殿の裏手から標高差にして30m、5分ほど登ると山頂に立てる。

日光連山
標高419m日光連山

山頂から北西方向の展望がきく。左から赤城山、日光白根山、男体山、そして右に鶏頂山が見える。お天気がよくて見えるとすれば、こんな パノラマが広がる。

山頂から
標高419m山頂から 岩船山・三毳山

拡大

南西方向には馬不入山へと尾根が続き、その先には岩船山・三毳山が見える。

* 標高は GPS測位と地理院地図による推定

その他のコースは・・・

太平山あじさい坂・客人神社から
晃石山大中寺・清水寺から
馬不入山・大明神山岩舟町運動公園から
岩船山表参道コース・裏参道コース
太平山系を縦走関東ふれあいの道・稜線をたどる道