馬不入山 大明神山ハイキング
GPSによるコース記録と山行レポート
LR
mtmtmt 馬不入山 主な登頂コース
更新2014年5月14日
n1 岩舟総合運動公園から広域農道の登山口−馬不入山
n2 岩舟運動公園から大明神山−長坂峠−馬不入山 ★三谷の登山口付近で登山道が崩落
n3 清水寺から桜峠−関東ふれあいの道−馬不入山
bsline
コースマップ

1.岩舟運動公園から 馬不入山へ 【運動公園】19分 ⇒【農道口】39分 ⇒【馬不入山】

岩舟総合運動公園
標高40m岩舟総合運動公園/遊楽々館

拡大

岩舟総合運動公園は400台が駐車できる大きな施設。ここをベースに太平山系の西部を歩いてみる。

コース
広域農道コース

溜池
標高60m溜池の岸辺を進む

広々とした運動公園の南東端のゲートを出たら、広域農道のガードをくぐる。轍のある砂利道を左折して約200mで溜池に着く。

分岐点
標高90m広域農道下の分岐点

拡大

溜池の先で道は細くなり、少し登ると小さな峠に出る。これを越えれば、「関東ふれあいのみち」の道標が立つ分岐だ。

登山口
標高95m広域農道に面した登山口

階段を登って車道(広域農道)に出れば、目の前が馬不入山の登山口になる。以前、登山口の駐車スペースは閉鎖されたが、現在は数台の駐車が可能。

いきなり登山口から階段150段ほどを登る。

階段
標高170m階段が続く

拡大

尾根に出たところに送電線の鉄塔が立つ。195mのコブまで100段の階段が二ヶ所あり、さらに255m峰まで200段が続く。

195mコブ
標高195m標高195mのコブ:サブコースが西へ分岐

標高195mのコブから西へ分岐するサブコース (マップ線)は コブと岩舟運動公園を結ぶショートカット。マイナーながら踏み跡がはっきりしてきた。入山口は林道の一時停止標識わきにある。

この他、マップに示す尾根西側の破線コースは踏み跡が消失、または不明瞭。

255m峰
標高255m255m峰:道標「関東ふれあいの道」

そのつぎの255m峰を越えたら標高差で30mほど下る。この先の山頂部の方がキツイ斜面なのだが階段はない。

馬不入山
標高345m馬不入山

拡大

急登が終わり、平らな尾根に辿りつくと標高345.2m三等三角点、馬不入山である。山頂から西側が見晴らせる。すぐ隣に大明神山、向うに諏訪岳、みかも山も見える。

馬不入山のあたりは、峠越えの通路に使われた昔々、馬も通りにくい難所だったとか。そんな山名由来の看板がある。

* 標高は GPS測位と地理院地図による推定

2.岩舟運動公園から 馬不入山へ 【運動公園】45分 ⇒【大明神山】38分 ⇒【馬不入山】

* 2015年12月20日
登山道の崩落があったので、その後の状況を確認するため再訪する。登山道は一部崩れているが、雑草が刈りはらわれて通行は可能になっている。

* 2015年10月25日
大明神山〜三谷のコースは登山口付近で登山道が崩落
集落近くの登山口付近で登山道が崩落。背丈を超える雑草が密生して通行不能の状態。探しあてた迂回路がこれだ。 しかし、踏み跡があるわけではない。

★ 更新情報

岩舟総合運動公園
標高40m岩舟総合運動公園/遊楽々館

拡大

岩舟総合運動公園は400台が駐車できる大きな施設。ここをベースに太平山系の西部を歩いてみる。

コース
大明神山コース

三谷の登山口
標高60m岩舟町 三谷の登山口

拡大

岩舟総合運動公園の北西側のゲートを出る。車道を200mほど北上してT字路を左折。民家わきから切通しに架かる歩道橋を渡る。

分岐
標高80m作業道から右へ分岐

拡大

歩道橋を渡って150mほどで作業道から右へ分岐する。山頂まで不明瞭な似たような分岐が二三度ある。いずれも標識はある。

T字路
標高270m大明神山 山頂直下のT字路

最後はT字路から山頂へ距離30m。

大明神山から
標高274m諏訪岳:大明神山から

拡大

山頂は草地で自然のままの感じである。近くに形のいい諏訪岳が見える。

2004年頃まで、大明神山の南側はけもの道のような怪しいコースだった。その後、迷いそうな所に標識など設けられてコースは分かりやすくなった。整備をされたボランティアの方に感謝。

長坂峠
標高195m長坂峠:林道 広戸・三谷線

拡大

大明神山から長坂峠まで五つの小ピークがあり、10-20m前後の起伏になる。標高差にすればわずか80mだが、数字以上に歩かされた感じ。

長坂峠は、林道広戸・三谷線の路肩に小さな赤鳥居がある。太平山系はスギが多いけれど、この辺りはアカマツが目につく。

梢越しに晃石山
標高320m梢越しに晃石山:馬不入山から100mの北尾根

拡大

林道を越え、馬不入山に取り付く。山頂から北西に伸びるゆるやかな尾根だ。倒木が少しあり、10m前後のアップダウンを続けながら高度を上げていく。

馬不入山
標高345m馬不入山

拡大

急登が終わり、平らな尾根に辿りつくと標高345.2m三等三角点、馬不入山である。山頂から西側が見晴らせる。すぐ隣に大明神山、向うに諏訪岳、みかも山も見える。

馬不入山のあたりは、峠越えの通路に使われた昔々、馬も通りにくい難所だったとか。そんな山名由来の看板がある。

* 2015年12月20日
登山道の崩落があったので、その後の状況を確認するため再訪する。登山道は一部崩れているが、雑草が刈りはらわれて通行は可能になっている。

* 2015年10月25日
集落近くの登山口付近で登山道が崩落。さらに背丈を超える雑草が密生して通行不能。探しあてた迂回路がこれだ。 しかし、踏み跡があるわけではない。

* 2015年4月29日
積雪期はスノーシュー三昧で、太平山系はご無沙汰だった。ことし初めての訪問は、2008年と同じコースをたどる。前回「大明神山−三谷はクモの巣だらけ」とレポしたが、7年が経過した今はそこそこ入山者はある。変わり映えしないけれど 周回コースのログをアップ。

* 2008年9月23日
運動公園に車を置いて、大明神山・馬不入山を 周回コースとして歩いた。三谷の登山口から上の約500m区間では雑草に悩まされ、大明神山−三谷はクモの巣だらけ。長坂峠−大明神山の往復なら問題はない。
雑草は冬枯れの季節には解消すると思うが、グリーンシーズンはおススメできない状態。


* 標高は GPS測位と地理院地図による推定

せいすいじ
3.清水寺から 馬不入山へ【清水寺】28分 ⇒【桜峠】28分 ⇒【馬不入山】

清水寺駐車場
標高105m清水寺 駐車場:トイレあり

拡大

清水寺へのアクセスは広域農道からぶどう畑の細い車道に入り、登りつめると林道西山田線に突きあたって清水寺に着く。

コース
桜峠コース

溜池
標高110m溜池わきの林道に入口

拡大

駐車場を出て林道西山田線を西へ進む。カーブする先に溜池があり、登山口が見える。

ジグザグ
標高190mジグザグの階段

真っすぐな沢沿いの道で、はじめは緩やか。そのうちに手入れされた階段がジグザグに連続する。やがて東屋とヤマザクラの古木がある桜峠に着く。

桜峠
標高275m桜峠

拡大

花の季節、「桜峠万本桜」と呼ばれ、清水寺からながめると、新緑とヤマザクラのきれいな彩りを見せてくれる。

桜峠付近は2011年春に北西側のスギ林が伐採され、かわりに諏訪岳や唐沢山が見えるようになった。桜峠から南西に行けば馬不入山、北東は晃石山になる。

道標
標高330m道標:馬不入山0.4km/桜峠1.0km

拡大

馬不入山まであと0.4kmという道標。

馬不入山
標高345m馬不入山

拡大

尾根歩きが終わって馬不入山に到着。西側が開けて、隣りに大明神山、向うに諏訪岳、みかも山も見える。

馬不入山のあたりは、峠越えの通路に使われた昔々、馬も通りにくい難所だったとか。そんな山名由来の看板がある。

* 標高は GPS測位と地理院地図による推定

その他のコースは・・・

太平山あじさい坂・客人神社から
晃石山大中寺・清水寺から
馬不入山・大明神山岩舟町運動公園から
岩船山表参道コース・裏参道コース
太平山系を縦走関東ふれあいの道・稜線をたどる道