.
三ツ峠山
GPSによるコース記録と山行レポート

三ツ峠山:富士を眺める山

時期2011年9月16日
所要時間 4時間37分 = 4時間12分(歩行)+ 25分(休憩)
行程 【登山口駐車場 8:15】- 途中休憩 3分 -【9:57 三ツ峠山 10:18】-
-【10:35 御巣鷹山 10:36】-【12:13 清八林道 出合 12:13】-【12:52 登山口駐車場】
登山口金ヶ窪沢:駐車10台くらい/トイレあり
bsline
コースマップ

金ヶ窪沢 登山口から 三ツ峠山へ

L width R width
base
登山口
8:15=標高1295m
金ヶ窪沢 登山口

中央自動車道から見えた富士山は、雲が増えて姿を隠しつつある。2日前の天気予報をアテにして決めたのだが、またしても予報が悪い方に外れた感がある。

base
舗装路
8:20=標高1325m
広い舗装路

ここまで来たから、とにかく歩こう。いちばん楽そうな金ヶ窪沢沿いにある登山口だ。タイヤチェーンを巻いた工事車両が数台と、ハイカー所有らしいのが1台駐車中。午前8時15分駐車場をスタート。

base
重機
8:48=標高1480m
重機・・・

広い登山路で初めのうちはコンクリ舗装してある。傾斜もなだらかで歩きやすい。やがて舗装が終わってキャタビラ跡があると思っていると案の定、重機が停まっている。

base
休憩
8:58=標高1550m
休憩スポット

交通規制があるかどうかは別にして、オートバイやMTBなら十分に走れそうだ。ほぼ平坦な標高点1549m付近にベンチのある休憩スポット。ちょっと給水タイム。

base
花
花2
花3
花4
9:19=標高1660m
9:40=標高1720m
9:48=標高1730m
9:54=標高1765m

三ツ峠は花の百名山のひとつらしい。たしかに路傍に花は多い。ここに載せてはいないが、どこでも紫のトリカブトが咲いている。それにアザミが巨大。

base
どちら
9:28=標高1690m
この分岐はどちらに行けば?

頭上が明るくなって、Y分岐になる。「四季楽園・富士見荘」と「三ツ峠山荘」の標示板はあるが、進路の矢印はない。さあ、どちらが正解か。マップを車に置き忘れて出発したので、すこし不安。

base
屏風岩
9:36=標高1725m
屏風岩:三ツ峠山荘から

多分どちらも頂上には行けるだろうと右に進む。やがて三ツ峠山荘にたどり着き、屏風岩が展望できる。見えるのは近くだけで、遠くは雲に覆われる。

草木のない小ピーク1735mに立つと、山座を同定する円い銅板が設けられている。晴れていれば、南アや八ヶ岳までも見晴らせるだろうに。ピークを降りると四季楽園がある。

base
トイレ
9:43=標高1725m
公衆トイレ:四季楽園の裏

その裏手にトイレがある。山荘の標示板があったY分岐から、左に分ける道が伸びてきて、ここで十字路になっている。頂上へ向かうべく分岐を右へ、急な登り坂を進む。

base
滑りそう
9:51=標高1745m
滑りそうな急坂

階段を越えると砂礫状の滑りやすい急坂が続き、稜線を占めるアンテナ施設のわきを通り抜ける。

base
三ツ峠山頂
9:57=標高1785m
三ツ峠 山頂

三ツ峠1785mには午前9時57分に到着。所要時間は1時間39分。やっぱり富士山は雲に隠れる。 頂上には、私たちみたいなシニアの先行者がいて、三ツ峠は通いなれた馴染みの山だという。

base
木無山
10:00=標高1785m
木無山は見えるけれど ・・・

この季節でこのコースに限って、三ツ峠に対する印象は「富士を眺めるためだけの山」でしかない。名の知れた、そして花の百名山でもあるこの山がこんな筈はない。

base
雲隠れ
10:00=標高1785m
富士山は雲隠れ
* 写真の標高は GPSと地形図による推定

お天気にそっぽを向かれたと言うより、今日のコースは歩く面白みを感じないのだ。いつか他のコースを探してリベンジしなければなるまい・・・

御巣鷹山から 清八林道へ

L width R width
base
T字路
10:26=標高1740m
T字路の道標

頂上から尾根を経由して、じかに御巣鷹山へ向かうコースが分からない。さっきのハイカーに尋ねて、葉っぱに隠れる降り口を発見。往路と対照的に、道幅はぐっと狭く踏み跡が少ない。

base
トラノオ
11:02=標高1580m
トラノオがお見送り

下っていくと、左からのわき道に出合い「三ツ峠山頂10分/御巣鷹山10分」の道標が立つ。御巣鷹山にたどり着いてガッカリ。山頂部は金網で囲んだアンテナ施設で要塞化。 眺望なく、落ち着くこともできない。御巣鷹山のイメージにかけ離れた山容だ。

base
岩場
11:14=標高1510m
下りにはイヤな岩場

標高1600mくらいまで尾根の急降下が続く。途中に短い距離ながら、下りにくい岩場があるが問題なく通過。

base
花5
花6
花7
花8
12:10=標高1485m
12:15=標高1480m
12:16=標高1475m
12:38=標高1365m

高低差30-50mほど、茶臼山などの小ピークを四つ越える。標高1480m付近のコルに至り、清八林道に出合う。道にはハギが咲く、たしかに秋・・・

base
清八林道
12:19=標高1465m
清八林道を下る
* 写真の標高は GPSと地形図による推定

砂利道の清八林道を約40分、途中に咲くお花を愛でながら、のんびり歩く。ときどき木の間ごしに見える三ツ峠の山頂は、アンテナが林立するその姿を見ると、ああ興ざめ。

登山口に到着は12時52分。三ツ峠山からの所要時間は3時間34分。

地形図を見ると、南側の西桂町方面からのコースは標高差があるけれど、この山の魅力を見つけられそうな気がする。もう少しコースを調べて、いつかまた・・・