八幡平 2
GPSによるコース記録と山行レポート
LR
概要八幡平:花を求めて八幡沼・源太森・黒谷地・茶臼岳
時期2012年7月20日
所要時間 4時間09分 = 2時間59分(歩行)+ 1時間10分(休憩)
行程 【見返峠駐車場 9:35】-【10:03 八幡平頂上 10:08】-【10:20 稜雲荘 10:22】-
-【10:43 源太森 10:53】-【11:28 黒谷地湿原 11:53】-【12:22 茶臼山荘 12:49】-
-【【12:55 茶臼岳 13:04】-【13:44 茶臼岳登山口】
登山口見返峠:駐車100台 (有料&無料)/トイレあり
bsline
コースマップ

八幡平から茶臼岳へ

L width R width
base
見返峠駐車場
9:35=標高1525m
見返峠の駐車場:岩手側はガス

去年は八幡沼を経由する周回コースだった。八幡平は5回目になるし、すこし足を延ばして茶臼岳まで歩こう。

base
石畳
9:39=標高1550m
石畳のコース

駐車場は料金420円節約して、無料のほうにする。お天気は岩手側だけガスっているが、見返峠を境にして秋田側は晴れている。石畳状の遊歩道には小さなミヤマキンポウゲがお出迎えだ。

base
凹地
掲示
群落
9:46=標高1575m
不思議な凹地

遊歩道に入って10分ほどで「不思議な凹地」の案内板があり、底をこわごわ覗きこむ。

なんと深い底をのぞき込むと、キヌガサソウが隠れるように、たくさん咲いている。残雪が先ごろまであったためらしい。

base
鏡沼
9:50=標高1590m
鏡沼

鏡のように景色を映す鏡沼、足もとにヨツバシオガマが咲く。

base
めがね沼
9:54=標高1600m
めがね沼

つぎはペアに並んだめがね沼を覗きこんで、八幡平の最高点へと進む。

base
最高点
10:03=標高1613m
八幡平の最高点:展望台

展望台のやぐらは、さすがに多くのハイカーで鈴なり。地平線に雲があり岩手山や岩木山など、遠景の眺望ができない。

展望台を退散してガマ沼へ。足もとにヨツバシオガマとクルマユリ。

base
キンポウゲ
シオガマ
ユリ
ミヤマキンポウゲ
ヨツバシオガマ
クルマユリ
base
駐車場
10:16=標高1595m
八幡沼:稜雲荘も見える
拡大

ガマ沼の隣りは最大の八幡沼。ここからの景色は何度見ても良い。雄大だ。できれば岩手山も姿を現してくれれば最高なのだが・・

base
陵雲荘
10:20=標高1575m
陵雲荘

稜雲荘が八幡沼のほとりに建つ。何となくレストランのような感じの避難小屋、立ち寄ってトイレタイム。

base
木道を行く
10:25=標高1565m
木道を行く:源太森へ

草原に延びる木道をつたって源太森へ向かう。今年というか、今頃の八幡平は花が少ないようだ。ニッコウキスゲで黄色に染まっていた印象がある。

base
ワタスゲ
イワイチョウ
チングルマ
ウサギギク
ワタスゲ
イワイチョウ
チングルマ群生
ウサギギク

開花時季に自分を合わせるしかないのに、自分が歩くときはいろんな花に出会いたい。ここに貼ったイワイチョウやチングルマなどを含めてもっと沢山の花に。

base
松ぼっくり
10:44=標高1595m
松ぼっくり:源太森から

八幡沼の東端「源太分れ」で左に分岐して、小高い丘の源太森に登る。相変わらず岩手側は曇っていて、茶臼岳さえ見えない。アオモリトドマツの特徴的な濃紺の松ぼっくりが膨らんでいる。

base
黒谷地へ
10:59=標高1590m
茶臼岳が見えた:黒谷地湿原へ

黒谷地湿原に下る途中、すこし雲が切れて茶臼岳らしき平らなピークが見えてきた。

ハクサンチドリや初対面のムシトリスミレなど、それにアカモノとイワカガミの群生が見られる。この辺りは花が多くなる。

base
チドリ
スミレ
アカモノ
ハクサンチドリ
ムシトリスミレ
アカモノ
base
黒谷地
11:28=標高1445m
黒谷地湿原

黒谷地湿原に降りると一段高い木製デッキがある。いま辺りに見えるのはワタスゲくらいだ。ここからバス停にエスケープできるが、茶臼岳まで歩こう。その前にベンチでしばらく山食タイムだ。

base
イバラ
イワカガミ
ツマトリソウ
?
オオタカネイバラ
イワカガミ
ツマトリソウ
?

湿原の先は整備のランクダウンなのか、歩道が細くなる。それでもツマトリソウや、私たちにとって初対面のオオタカネイバラに出会えて嬉しい。

base
茶臼山荘
12:22=標高1550m
茶臼山荘

黒谷地から登り30分ほどで茶臼山荘に到着。すっかりガスってしまう。メモを見ると、登山口のバス時刻は13:00と14:10。私たちの歩行ペースを考えて山荘で時間調整する。

base
茶臼岳
12:55=標高1578m
茶臼岳

山荘に入ると地元ハイカーで宴会状態で賑やかだ。山食をしながら30分ほど過ごして山荘を出る。茶臼岳の頂上は車の走行音が聞こえるが、ガスに包まれて絶景をおがめない。

base
ギンリョウソウ
ハナニガナ
イチゴ
?
ギンリョウソウ
ハナニガナ
イチゴ
?

山頂の岩陰にギンリョウソウがひっそりと二輪。下りは山頂部の混んだ等高線から急斜面を想像したが、問題なし。尾根道にはハナニガナやシャクナゲ、名の知れない花やイチゴが咲く。

base
茶臼口
13:44=標高1360m
茶臼岳登山口
* 写真の標高は GPSと地形図による推定

アスピーテラインに出合うと、そこが登山口のバス停「茶臼口」になる。ストックやカメラをザックに付けてバスを待つ。岩手県北バスの定期バス14時10分、乗車時間は10分、240円也。