.
半田山
GPSによるコース記録と山行レポート
L width R width

半田山自然公園 半田山 を周回

時期2012年8月17日初稿 2010年6月11日
所要時間 3時間00分 = 2時間17分(歩行)+ 43分(休憩)
行程 【管理センター駐車場 9:30】-【10:10 東屋 10:20】-【10:47 半田山 11:07】-
-【12:02 北駐車場 12:06】-【12:16 水神岬 12:25】-【12:30 管理センター駐車場】-
登山口半田山 南駐車場:駐車50台/トイレあり
bsline
コースマップ

半田山へ

L width R width

半田町のHPによると・・・半田山は明治の頃に地すべりが起き、南東側が崩壊、旧半田沼も消滅、新たに半田沼が誕生した。明治44年から復旧整備が続き、昭和60年には半田山自然公園が完成。


base
南駐車場
base2
9:30=標高440m
管理センターのある南駐車場

福島市にすこし滞在することになる。以前歩いたことがあり、駐車場など充実した施設がある半田山を選んでみた。

半田山自然公園管理センターのある南駐車場を9時30分スタート。

base
トイレ棟
base2
9:32=標高465m
キャンプ場のトイレ棟

キャンプ場を貫通する仮設の工事用車道を進む。バンガロー・トイレ・炊事棟が並ぶ。

base
新緑のコース
base2
9:57=標高630m
新緑のコース

やがて車道から分かれ、道標をたよりに登山道に足を進める。新緑が深まって気持ちのいいコースである。

急坂を九十九折に登って傾斜がゆるくなる頃に車道に出合う。左折して間もなく、半田山方面の標識に導かれて車道を右折する。

base
base2
林道に合流
林道の分岐
base3
base4
10:03=標高640m
10:06=標高655m
林道に合流
林道の分岐
base
ヤマザクラ
base2
10:07=標高655m
ヤマザクラ

そのまま進めばすぐに「林間駐車場」に着き、以降は山道となる。

base
フジ
base2
10:07=標高655m
フジの花

付近はヤマザクラやフジの花などが咲いて疲れを癒される。

base
東屋
base2
10:10=標高675m
東屋

すぐ先に東屋が建ち、ちょうど良い休憩スポットになる。

base
道標:山頂へ500m
base2
10:29=標高750m
道標:山頂へ500m

やわらかな土の感触がここちいい。ハイカーで賑わう山ほど表層土が流れて木の根が露出しがちだけれど、ここはそうした荒れは少ない。行き会ったハイカーは1名だけ。

山頂まで500mの道標をすぎた標高800m付近だは、樹木間から覗き窓のように南側が見晴らせる。南東面はスッパリと切れ落ちた急斜面で、地すべりの痕跡をうかがわせる。

base
ハートレイク
base2
10:40=標高830m
ハートレイク

さらに登って標高830mの地点では半田沼がハート形に見えるスポットで、ハートレイクと名付けた案内板がある。

base
半田山
base2
10:47=標高863.1m
半田山
* 写真の標高は GPSと地形図による推定

半田山の山頂には10時47分、足の遅い私たちでも1時間あまりの歩行で山頂に到達する。新しい標柱が建ち、石のベンチが置かれる。

半田沼へ

L width R width
base
快適な下山路
base2
11:19=標高750m
快適な下山路

前回コースは山頂までの往復だったので、今回は時計まわりの周回としよう。

山頂から北東へ北駐車場まで下って、半田沼北岸の「北の細道」を周遊する。

base
縁結びの木
base2
10:37=標高585m
縁結びの木

山頂部はアカマツが目立ち、下山路は表層土の荒れが小さくて快適なコースである。標高585m付近に、カップルが絡み合うような樹木。誰が名付けたか「縁結びの木」・・・

base
ジグザク急下降
base2
11:42=標高540m
ジグザク急下降

急斜面は、古いけれど丸太の階段が設けられたり、ジギザグに切られて歩行にやさしい。

base
展望台
base2
11:46=標高480m
展望台

途中、標高480m付近に展望台があっても見晴らせない。こういうのはどこにでもある。展望台を作った後に周りの樹木が伸びたのだ。

base
ヒメサユリ
ヒメサユリ2
base2
11:55=標高465m
11:57=標高465m

林間を歩き続けていると、絶滅危惧種といわれるヒメサユリの群落に遭遇する。花の数は少ないが、なんとも嬉しいハプニング。

base
北駐車場
base2
12:04=標高450m
北駐車場

思いがけないヒメサユリに会えて、気分よく北駐車場に降り立つ。この駐車場ならヒメサユリのお花見は近くて便利だ。

base
半田沼
base2
12:09=標高425m
半田沼:遊歩道の北の細道から

北駐車場の脇から半田沼の北岸沿いに「北の細道」を進む。水神岬というミニ半島が沼に突き出ている。地形図にその姿は描かれていない。沼全体を見渡せそうなので立ち寄ってみる。

base
ポプラの巨樹
base2
12:23=標高415m
ポプラの巨樹:水神岬から
* 写真の標高は GPSと地形図による推定

大きなポプラが数本そびえ、石祠が鎮座。対岸は治水のためか、コンクリート堤防になっている。明治の地すべりによる自然造成だけではなかった。

岬のつけ根に戻って、管理センター駐車場に12時30分到着、3時間のハイキングだった。