裏岩手 三ツ石山紅葉トレッキング
GPSによるコース記録と山行レポート
LR
概要裏岩手の三ツ石山 紅葉トレッキング
山行時期2017年9月21日
天候晴れ時々曇り/10℃(8時55分 標高1320m)
所要時間 5時間12分 = 4時間21分(歩行)+ 51分(休憩)
行程 【展望リフト 8:55】-【9:06 犬倉分岐 9:09】-【10:35 大松倉山 10:38】-
-【11:08 三ツ石山荘 11:17】-【11:56 三ツ石山 岩峰 12:10】-【12:13 三ツ石山 最高点 12:18】-
-【12:53 三ツ石山荘 13:03】-【13:39 登山口 13:39】-【14:07 奥産道網張ゲート】
【経由地】以外の各区間で休憩 0-5分
登山口網張温泉スキー場:駐車/トイレあり
登り:網張温泉スキー場の展望リフトを利用(片道1,200円)
下山:奥産道網張ゲートの駐車場からリフトとセットの無料バスを利用
コースマップ

網張スキー場・大松倉山を経て 三ツ石山

LL L C R RR

岩手山に日帰り登頂するのはむずかしいと思ってる私たちには丁度いい山歩き。三ツ石山が素晴らしい紅葉スポットということを知る。


犬倉山紅葉
8:59=標高1350m紅葉がはじまった犬倉山

拡大

40分かけて3本のリフトを乗り継ぐ。歩きだして小高いところに出ると、目の前に犬倉山が現れる。まだ紅葉がはじまったばかり。

南西面
9:05=標高1340m犬倉分岐から眺める紅葉

拡大

その犬倉山の紅葉を近づいて眺めてみると、陽射しのせいか紅葉は進んでいる。

道標
9:06=標高1335m犬倉分岐

犬倉分岐に到着。ここを直進すれば鬼ヶ城や大地獄谷、岩手山へ・・・私たちは左折して三ツ石山へ向かう。

エゾリンドウ
9:08=標高1330mエゾリンドウ

拡大

足もとの草むらにエゾリンドウ。秋を告げる名残りのお花だ。

大松倉山の紅葉
9:58=標高1310m木の間に大松倉山の紅葉

拡大

木の間から大松倉山が初めて見える。大松倉山は三ツ石山の手前にあり、標高は低いが岩手山より紅葉は早い。

大松倉山紅葉に接近
10:06=標高1320m大松倉山紅葉に接近

拡大

大松倉山を登りはじめて標高1320m付近から紅葉を眺める。この鮮やかな紅葉のヌシは何だろうか。

山頂部へ
10:27=標高1375m鮮やかな紅葉

拡大

この山域はナナカマドやミネザクラ、ミネカエデなどが紅葉するらしいが・・・

大松倉山の山頂部
10:29=標高1380m大松倉山の山頂部へ

拡大

視界が開けて大松倉山の山頂部が近い。きょう初めての先行者が見える。

登ってきた道
10:33=標高1400m登ってきた道

拡大

リフト利用でここまで歩いて1時間半。ふり返るアプローチは想定より長い。お目当ての三ツ石山はまだ見えない・・・

大松倉山から三ツ石山
10:41=標高1407.5m大松倉山から三ツ石山

拡大

大松倉山の山頂に立ってようやく姿を見せる三ツ石山。陽射しが雲に遮られて、冴えない色の紅葉か。到着するころの晴れ間を期待。

三ツ石山荘
11:07=標高1290m三ツ石山荘

拡大

大松倉山を高度差130mほど下れば三ツ石湿原に到着。ここは松川温泉への分岐になる。あの三ツ石山荘で小休止だ。

池塘と三ツ石山
11:09=標高1281m池塘と三ツ石山

拡大

山荘に着いてみるてびっくり。今まで先行者1組に出会っただけだが、20名ほどのハイカーが入れかわり立ちかわりだ。

三ツ石山荘を俯瞰
11:31=標高1350m湿原に囲まれた三ツ石山荘

拡大

多くの人は南側の奥産道網張ゲート滝ノ上温泉経由、あるいは北側の松川温泉から来ると教えらる。みな地元の常連さんばかり。

山荘を11時17分に離れる。アオモリトドマツ、湿原と池塘に囲まれた三ツ石山荘。いい雰囲気の避難小屋だ。

大松倉山の向こうに岩手山
11:36=標高1460m大松倉山の向こうに岩手山

拡大

ふり返れば、大松倉山の向こうに岩手山。相変わらず山頂から雲が消えない。

大松倉山東面では紅葉を見たが、アオモリトドマツに覆われた西側に紅葉はない。

11:56=標高1460m山頂紅葉:三ツ石山 手前の岩峰から
俯瞰する紅葉
最高点から眺める
12:13=標高1466mさっきの岩峰:三ツ石山 最高点から

拡大

山頂に達すると錦のじゅうたんに囲まれ、その鮮やかさに歓声を上げる。そう滅多に見られない紅葉、この鮮やかな発色はいったい何なんだ・・・すご〜い!!!

拡大

山頂部には岩峰が大小三つある。それが山名由来らしい。三つ目の岩峰、最高点1466mに立って四方を眺める。

12:14=標高1466m紅葉のじゅうたん
紅葉のじゅうたん
紅葉のじゅうたん2
12:14=標高1466m紅葉のじゅうたん

拡大

絶景に感動・ひさびさの感動・・・

岩手県では有名な紅葉スポットだと認識。知らなかったのはビジターの私たちだけ。

拡大

この美しさに言葉は要らない・・・

12:14=標高1466m岩手山
岩手山
山頂標識
12:14=標高1466m山頂標識

拡大

東の方角に、岩手山と紅葉がキレイな絵になる配置。

最高点の山頂標識とケルン。

秋田駒ヶ岳・烏帽子岳
12:16=標高1466m秋田駒ヶ岳・烏帽子岳

拡大

紅葉の向こう南西の方角には秋田駒ヶ岳や烏帽子岳(乳頭山)、笊森山が・・・

至福のひとときをゆっくり過ごしたいが、日に一便しかない下山バスに合わせて12時18分に山頂を離れる。

エゾリンドウ
12:34=標高1390mエゾリンドウ

秋の名残りはここにも・・・

岩手山
12:38=標高1360m雲がとれた岩手山

拡大

山荘に向かう下山路で、ようやくにして雲がとれた岩手山に対面。アオモリトドマツの森林も美しい。

三ツ石湿原
12:57=標高1281m三ツ石山を映す三ツ石湿原

拡大

トイレ目的でまた三ツ石山荘に立ち寄る。相変わらず多くの人が出入りする。

分岐
13:33=標高1180m滝ノ上温泉・大松倉橋との分岐

山荘から30分ほど下るとこの道標に着く。ここで分岐し、バス停の奥産道網張ゲートに14時07分到着。

休暇村のロゴ入りマイクロバスが到着。発車は14時30分だが、予約の4名はすでに集合しているので定刻前に出発。

* 奥産道は通称で、奥地産業開発道路、あるいは県道雫石東八幡平線のこと。

* 標高は GPS測位と地理院地図による推定