.
泉ヶ岳・北泉ヶ岳
GPSによるコース記録と山行レポート
L width R width

泉ヶ岳・北泉ヶ岳周回コース

時期2010年7月31日
所要時間 5時間22分 = 4時間54分(歩行)+ 28分(休憩)
行程 【大駐車場 8:38】-【9:32 水神 9:32】-【10:21 三叉路 10:24】-
-【11:25 三叉路 通過】-【12:05 泉ヶ岳 12:26】-【13:12 見返平 13:12】-
-【10:56 北泉ヶ岳 11:00】- 【14:00 大駐車場】
登山口スキー場の駐車場:駐車200台/トイレあり
bsline
コースマップ

北泉ヶ岳水神コース・北泉コースで

L width R width

仙台市民に親しまれる「泉ヶ岳」を歩こうと思い立つ。泉ヶ岳スキー場が足場になるならマイカーのアクセスは良いはず。


base
大駐車場
8:38=標高525m
大駐車場

スキー場の一角にある大きな駐車場である。すでに50台くらい駐車している。身支度、トイレを済ませて8時37分出発。

base
舗装路
8:43=標高550m
舗装路を歩く

少年自然の家あたりまで伸びる舗装路を歩く。やがて砂利の車道に変わる。

base
道標:関口
8:52=標高605m
道標:関口

駐車場から約15分、標識「関口」から先はいよいよ山道だ。コースは市民に親しまれるだけあって、よく整備されている。

base
一本松
9:09=標高705m
標識:一本松

草地の中に目立たない小さな標識で「一本松」と記される。

base
一本松
9:09=標高705m
これがその一本松
拡大

その一本松はどこにあるかと見回すと、広葉樹林のなかに大きめのアカマツが立っている。とくに目立つ存在には思えないけれど。

base
水神
9:32=標高815m
水神で分岐する
拡大

途中、お別れ峠に分岐する「水神平」を過ぎて、ほどなく「水神」にたどり着く。北泉ヶ岳へ向かう北泉コースと、泉ヶ岳へ直登する水神コースに分岐する。

渓流に降りて休憩するハイカーも多くいる。「水神の碑」というのがあるらしいが、気付かずに見落とす。

base
うぐいす坂
10:01=標高980m
うぐいす坂

私たちが進む北泉コースからハイカーが消える。多くは水神コースを進むようだ。山道はぐっと狭くなり、両脇から雑草がせまる。

これがふつうの山道である。傾斜がすこし増すと「うぐいす坂」の標識。水神で分岐してから約50分、三叉路に到着。

base
三叉路
10:24=標高1085m
道標:三叉路

三叉路で、泉ヶ岳から北泉ヶ岳に回るハイカーと行き会う。以降の数組もそうだった。どうやら私たちは逆回りしてるかも・・

ともあれ、あと少しで北泉ヶ岳である。三叉路から30分余り、10時56分に到着。かすんで遠くが見えないし、見えてもたぶん山座同定ができないと思う。

base
base
北泉ヶ岳
かすんで
10:56=標高1253.1m
10:56=標高1253.1m
北泉ヶ岳
かすんで・・・
base
北泉ヶ岳が見える
11:56=標高1150m
北泉ヶ岳が見える:泉ヶ岳直下から
拡大

小休止をして北泉ヶ岳を離れ、三叉路まで引き返す。さらにコルまで標高差60mを下ろう。山頂部はヤマユリがいっぱい咲いて香りも強烈だ。泉ヶ岳山頂の直下、振りかえると北泉ヶ岳がようやく姿を見せてくれる。

泉ヶ岳の山頂部は平らである。最高点1175m付近を通過してもまだ標識が現れない。木立はないが、灌木が両脇にせまるので遠くが見えない。

三角点に着くとようやく山頂標識のある広場に出た。十名以上のハイカーが休憩中である。私たち以外はみんな若者ばかり。

base
base
泉ヶ岳
道標
12:06=標高1172.1m
泉ヶ岳
道標:滑降コース/かもしかコース
* 写真の標高は GPSと地形図による推定

泉ヶ岳 から滑降コースで下る

L width R width
base
滑降コース
12:30=標高1160m
滑降コース・かもしかコースで下る

山頂から四方に分岐標識があり、滑降・かもしかコースで下る。眺望は山歩きの大きな楽しみだけれど、きょうは遠く見通せずとても残念・・。 こういう場合、雨粒が落ちないだけでも良しとしなければ・・・

base
左上
右上
左下
右下
標高1025m
標高1125m
標高1172m
標高850m

ここもヤマユリが多い。たった一輪だけの鮮やかな紫色のキキョウを見つけて嬉しい。

base
かもしかコース分岐
12:38=標高1105m
かもしかコース分岐

下りはじめて10分あまり、かもしかコースとの分岐である。私たちは滑降コースを行く。かもしかコースは雑草が生い茂って、足もとが悪そうに思える。

base
大壁 迂回路
12:47=標高1050m
大壁 迂回路

だんだん傾斜が増す。直進方向の先に「大壁」の標識。手前にロープで規制された行き止まりで、左に迂回する。

base
大壁 中段
12:50=標高1025m
大壁 中段

岩がゴロゴロで下るにはキツイ。山頂からこのコースを取る人がいなかった訳が分かる気がする。

base
大壁 下段
12:54=標高1010m
大壁 下段

やっと大壁を抜けて・・・

base
見返平
13:12=標高910m
見返平
拡大

大壁を抜けても岩の道はしばらく続く。傾斜がゆるくなり視界が開いて「見返平」標識、つられて見返すと泉ヶ岳の稜線が目に入る。

base
お別れ峠
13:27=標高795m
お別れ峠
拡大

面白いネーミングの「お別れ峠」は五叉路になっている。ここまで来れば道幅は広く、緩やかな下り坂になる。

base
ゲート
13:52=標高585m
ゲートを抜ける
* 写真の標高は GPSと地形図による推定

地形図の標高610m付近では直進するはずだが、ロープと標識で左折を指示される。小沢の左岸に渡り、沢沿いに下ってゲートを抜けると、やがて車道に出合う。

大駐車場に14時ちょうど到着。北泉ヶ岳まで回ると、私たちの足では5時間をゆうに超える。ケータイ歩数計では23000歩、十分歩いた感じがする。