池の平湿原・篭ノ登山
GPSによるコース記録と山行レポート
LR
概要エゾリンドウ咲く 池の平湿原と東篭ノ登山
時期2012年9月12日
所要時間 4時間03分 = 3時間06分(歩行)+ 57分(休憩)
行程 【池の平駐車場 8:53】-【9:13 村界の丘 9:15】-【9:43 見晴岳 9:56】-
-【10:13 三方ヶ峰 10:19】-【10:31 鏡池 10:35】-【10:54 池の平駐車場 11:02】-
-【11:56 東篭ノ登山 12:20】-【12:56 池の平駐車場】
登山口池の平駐車場:1日500円/100台/トイレあり
bsline
コースマップ

見晴歩道 - 池の平湿原 を周回

L width R width
base
駐車場
8:53=標高2060m
池の平 駐車場

地蔵峠を東に折れて、湯の丸高峰林道に入る。4kmほどの走行で、池の平駐車場へ到着。係員が近寄ってきて、駐車料金500円を請求される。

base
コマクサ峠
8:55=標高2061m
コマクサ峠:池の平湿原の入口
拡大

池の平湿原と篭ノ登山といえば、私にとってはお気に入りのスノーシュー・フィールド。 今日は、お花見シーズンの終わりを告げるエゾリンドウなどに出会うことが目的だ。8時53分、駐車場を出発。

東屋のあるコマクサ峠から「見晴歩道」に入れば、エゾリンドウやマツムシソウが咲き、すでに盛期は過ぎたもののヤナギランやハクサンフウロも迎えてくれる。初秋の湿原は意外なほどの花盛り。

base
ハクサンフウロ
マツムシソウ
ノアザミ
シシウド
ヤナギラン
エゾリンドウ
イタドリ
イワインチ
ヤマラッキョウ
ハクサンフウロ
マツムシソウ
ノアザミ
シシウド
ヤナギラン
エゾリンドウ
イタドリ
イワインチン
ヤマラッキョウ
base
三方ヶ峰 鏡池
9:13=標高2105m
三方ヶ峰:雷の丘から
拡大

標高差50mを登りつめると、外輪山の稜線に連なる5ピークをめぐる。 ピークと言ってもゆるやかな起伏で、北から順に村界の丘・雷の丘・雲上の丘・見晴岳・三方ヶ峰 みかたがみね の名がついている。

base
雲上の丘から
9:29=標高2115m
池の平湿原:雲上の丘から
拡大

いつの間にか通りすぎてから、あれが村界の丘で、これが雷の丘と気づかされる。花撮りや花を愛でるには楽しいコースだ。視界が開く見晴歩道から、池の平湿原が見えてくる。

base
ピグミーの森
9:37=標高2090m
ピグミーの森

雲上の丘を越えて下る歩道はピグミーの森。文字どおり小さな森で、わずかに下って登り返すと見晴岳に到着する。

base
見晴岳から
9:46=標高2095m
烏帽子岳・湯ノ丸山・角間山:見晴岳から
拡大

山頂には十名以上のハイカーが休憩中。私たちも小休止。東側の浅間山方面は雲が多いが、西側の湯ノ丸山はきれいに見える。明日はあの湯ノ丸山と烏帽子岳も歩くつもりだ。

base
金網の柵
10:00=標高2075m
金網の柵がある

見晴岳と三方ヶ峰の南斜面は砂礫の崖状になっているためか、金網の柵が続く。金網の外側はコマクサ園になっているが、今は時季はずれ。

base
三方ヶ峰から
10:19=標高2040m
東篭ノ登山・水ノ登山:三方ヶ峰から

下りきって登り返すと三方ヶ峰となる。東篭ノ登山・水ノ登山が雲間から覗く。ここで小休止。

base
鏡池
10:34=標高2000m
鏡池
拡大

エゾリンドウとマツムシソウはどこにでもに咲く。三方ヶ峰を離れて、池の平湿原に入る。標高2000mを超える湿原は陽ざしがあっても暑くはない。

base
エゾリンドウ
ウメバチソウ
ツリガネニンジン
エゾリンドウ
ツリガネニンジン
ウメバチソウ
* 写真の標高は GPSと地形図による推定

エゾリンドウとマツムシソウが群生する鏡池の周辺には鑑賞用のデッキがある。見える湿原は早々と草紅葉の気配がする。

鏡池からアヤメが群生する放開口へ向かおうかと躊躇する。でも考えてみればアヤメは時季はずれ。駐車場に真っすぐ伸びる池の平三方歩道を行く。10時54分、駐車場に到着。

篭ノ登山を往復

L width R width
base
篭ノ登山へ
11:15=標高2070m
篭ノ登山へ

篭ノ登山へ登る前に、忘れ物を取りにちょいとマイカーまで戻る。どうせ駐車場のすぐ脇が入口なのだ。11時02分、駐車場を出発。

base
岩ゴロ
11:42=標高2165m
岩ゴロの道

しばらくは林間を歩く。先のほうで賑やかな声が聞こえると思ったら、100名あまりの小学生に遭遇。お互いに道をゆずりながらやり過ごす。林間を抜け、岩ゴロの道になって視界が開ける。

base
アキノキリンソウ
エゾリンドウ
アキノキリンソウ
エゾリンドウ

さすがに湿原より花の種類は少ない。でもエゾリンドウだけは標高2200mを超え、山頂付近でもたくましく咲いている。

base
水ノ登 浅間
11:56=標高2227m
水ノ登山・黒斑山方面:東篭ノ登山から
拡大

山頂到着は11時56分。ゆっくり登っても駐車場から50分だ。それもそのはず標高差がわずか166mだから・・・。

base
根子 四阿
11:57=標高2227m
根子岳・四阿山:東篭ノ登山から
拡大

雲が多めなので、北アルプスや八ヶ岳は隠れるが、近場の山はよく見える。

base
烏帽子 湯ノ丸
11:57=標高2227m
烏帽子岳と湯ノ丸山:東篭ノ登山から
拡大

空腹を満たし、展望を楽しんで下山開始12時20分。明日は湯ノ丸山と烏帽子岳の予定なので、空模様を見ながら好天を期待する。

base
池の平湿原
11:58=標高2227m
池の平湿原:東篭ノ登山から
* 写真の標高は GPSと地形図による推定
拡大

駐車場には12時56分到着。このあと宿に着くや否や、滝のような豪雨に見舞われたのは、私たちにとってはラッキーと言えそう。