.
古賀志山・御岳
GPSによるコース記録と山行レポート
L R

南コース・北コースで周回

時期2011年11月25日
所要時間 3時間48分 = 2時間53分(歩行)+ 55分(休憩)
行程 【森林公園駐車場 8:49】-【10:21 御岳神社 10:38】-【10:59 古賀志山 11:17】-
-【11:22 東稜見晴し台 11:27】-【11:40 富士見峠 11:42】-【12:37 森林公園駐車場】
【経由地】以外の各区間で休憩 3-6分
登山口森林公園駐車場:駐車70台/トイレあり
bsline
コースマップ

登りは 南コース

L width R width
base
駐車場
8:49=標高215m
宇都宮市森林公園 駐車場
拡大

数年前の秋に訪れたが、あいにく天気に恵まれなかった。今日は快晴、風もなく暖かい。広い駐車場は、シルバー世代の常連さんが平日でも多い。身支度をして8時49分に出発。

base
赤川ダムから
8:55=標高228m
赤川ダムから 古賀志山
拡大

当初は北コースで登る予定だった。赤川ダムに映る紅葉と古賀志山に見とれ、もう少しと進むうちに対岸まで来てしまう。それなら予定を変更して、南コースを登ろう。

base
管理センター
8:59=標高235m
自然休養村管理センター
拡大

ダムの対岸には広場があり、自然休養村管理センターとサイクリング ターミナルが並ぶ。南コースを探して案内図を見てもハイキングコースの掲示はない。トリムコースという道標を頼りに進む。

base
道標
9:12=標高285m
道標:ここからも管理センターに行ける

この辺りでGPSをチェックすると、南コースを進んでいることが分かった。この分岐から階段を下っても管理センターに行けるコースらしい。

base
尾根道
9:16=標高300m
今のところ、尾根道は広くてなだらか

まだ南コースの標識を見つけていないが、道標は適当に整備されている。今のところ、尾根道は広くてなだらかだ。

base
サイクリング
9:31=標高333m
サイクリングコースを横断

小さなピークにベンチと道標があり、南コースの標示を初めて見つける。ピーク直下はサイクリングコースで、そこからT字に分岐する車道に分け入る。

base
落ち葉
9:42=標高375m
落ち葉を踏んで

落ち葉を敷きつめた車道を10分あまり進む。高低差は50m。

base
階段ばかり
9:44=標高385m
ここから上は階段ばかり
拡大

やがて車道は尾根に回り込んで峠になる。峠の西側に車が止めてある。東側は通行止めだが、西側はここ標高は385mまで車で来れるようだ。山頂までの高低差は200m。

base
階段2
10:02=標高495m
階段が続く
拡大

ここから上の南コースは、ほぼ階段の連続。数えてみると登りは約600段あり、途中で40段の下りがある。高度を稼げる代わりにけっこうキツイ。ゆっくりゆっくり。

標高430m付近で岩場のある直登コースを分ける。南コースは「階段コース」に名称変更したのか、道標にはそう記される。階段コースが始まって約25分、稜線コルに着く。御岳と古賀志山との分岐だ。

base
稜線2
10:09=標高550m
稜線に出る
base2
稜線
道標:古賀志山/御岳
拡大
base
赤鳥居
10:13=標高560m
赤鳥居
拡大

尾根を西へ向かう。最初に現れるのが赤い鳥居。礎石だけあり、社はない。小ピークで少し眺望がきき、この先は怖そうと言って引き返すハイカーがいた。

base
岩登り
10:13=標高560m
岩登り
拡大

その小ピークを降りるとロープ、クサリやハシゴのある岩場のアップダウンが少々。さいわい足場や手掛かりはしっかりしている。

base
ハシゴ
10:13=標高560m
岩登り

その小ピークを降りるとロープ、クサリやハシゴのある岩場のアップダウンが少々。さいわい足場や手掛かりはしっかりしている。

ミニ岩場をやり過ごし、着いたピークに御岳神社が鎮座する。裏手にベンチが設けられ、ほぼ360度の眺望が開ける。ところで、ここにある山頂標識の「御岳山546m」は本当?

base
御岳神社
10:21=標高565m
御岳山
base2
山頂標識
御岳山546m ?
base

御岳(御岳神社)は標高546mか?

御岳が地形図に載ってないことが「はてな」の原因だが、現地観察と地理院地図から この546mの信ぴょう性を考えれば・・・
* 御岳の西隣りの標高点546mの無名峰は地平線より下に見える。
ということは、御岳のほうが無名峰より高い。
* 御岳の高さは等高線で標高560m〜570mの範囲にある。
* 地理院地図を開けば、画面左下の・546が無名峰(三本松)クリック

ネットで調べたサイトも、随想舎「栃木の山120 '97年版」でも、御岳の標高を546mとしている。

しかし左記のように考えて、ここでは御岳の標高を565mとする。因みに無名峰546mには「三本松」の名があるらしい。

base
古賀志山頂
10:59=標高583m
古賀志山582.8m

古賀志山に向けて岩場を慎重に引き返す。20分ほどの尾根歩きで10時59分、古賀志山に到着。いくつかベンチが置かれて南東側が見晴らせる。筑波山から太平山、遠くかすかに富士山も見える。

山食をすませて次のお楽しみ、東稜見晴し台に向かう。途中で富士見峠への分岐を通過して、明るい尾根を進む。帰りはこの分岐まで引き返すことになる。

base
富士見峠
11:19=標高565m
富士見峠/東稜分岐
base2
道標2
道標:東稜見晴台/古賀志山頂
base
日光連山
11:22=標高570m
日光連山を望む:東稜見晴し台から

北側に眺望が開ける。冬型の気圧配置か、日光連山にすこし雪雲がかかっている。きょう見晴らせる最後の眺め。

base
鶏頂山
鶏頂山:東稜見晴し台から
拡大

下りは 北コース

L width R width
base
富士見峠2
11:40=標高505m
富士山が見えない富士見峠

11時27分、下山開始。これから山頂をめざす何組かのハイカーとすれ違う。富士見峠に着くと、南西側はスギかヒノキの林。ここから富士山が見えたのはいつのことだろう。

base
水場
12:11=標高310m
水場とベンチ
拡大

峠を離れると、急に暗い樹林の中に入って目が慣れない。やがて水の流れる音が聞こえ、水場が現われる。登るときには小休止できる良いスポットだ。今は元気なので通過。

base
細野ダム
12:21=標高250m
細野ダム

だんだん勾配がゆるくなって、水の音も大きくなる。細野ダムの堰堤と滝が見える。

base
ここから車道
12:21=標高250m
橋を渡る:ここからは車道
* 写真の標高は GPSと地形図による推定

車道に沿った坂道を下ると、湖岸にはバーベキュー設備が並んでいる。サイクリングなども楽しめるステキなところだ。駐車場には12時37分に到着。