.
子持山
GPSによるコース記録と山行レポート
L width R width

七号橋から 獅子岩 子持山 を周回

時期2007年11月13日
所要時間 4時間35分 = 1時間52(登り)+ 1時間43分(下り)+ 1時間00分(休憩)
行程 【七号橋 9:14】-【10:20 獅子岩の基部 10:20】-【11:17 子持山 12:06】-
-【12:45 大タルミ 12:54】-【14:39 七号橋】
登山口七号橋:駐車30台/トイレあり
bsline
コースマップ

七号橋−獅子岩−子持山

L width R width

渋川伊香保インターを出て、道の駅「こもち」でお仲間と待ち合せる。出揃ったところで登山口へ向かう。


base
獅子岩下
10:05=標高1020m
獅子岩の直下

唐沢川に沿った五号橋、六号橋そして七号橋にそれぞれ駐車スペースと登山口がある。最もラクそうな七号橋に車を置いてスタート。子持神社の奥ノ院を過ぎると登山口があり、登山カードを書いて投函。

すぐ迫る屏風岩が圧巻。沢沿いを進んで登りつめると稜線に至り、獅子岩の直下でちょっと一服。

base
尾根を登る
10:40=標高1120m
獅子岩をバックに尾根を登る

怖そうなので獅子岩への登頂はパス。トラバースするにしても、「慎重に」と声をかけあう。 やがて獅子岩が眼下に見える高さまでくると、見晴しはすばらしい。

base
コル
10:52=標高1155m
柳木ヶ峰 手前のコル

この前後で自衛隊の集団登山に先をゆずる。

base
柳木ヶ峰
0:00=標高1195m
柳木ヶ峰

見晴しのいい尾根歩きを楽しんでいると柳木ヶ峰に到着。この小ピークに石の祠があり浅間山への分岐になっている。

base
岩場をへつる
11:09=標高1250m
岩場をへつる

山頂に近くなり、ちょっとした岩場をへつる。それもまた面白い。

base
子持山
11:17=標高1296.1m
変装の五人組ハイカー:子持山
* 写真の標高は GPSと地形図による推定

到着は11時17分。山頂はわれわれと同様のシニアハイカーがワイワイ、それに集団登山の自衛隊員も休憩中。

紅葉シーズンが過ぎた平日というのに人気の山らしい。満員御礼につき隅っこに固まって昼食をとる。

子持山 - 大タルミ - 七号橋

L width R width
base
獅子岩
12:46=標高1030m
獅子岩:大タルミ付近から

たっぷり山頂休憩をして12時06分下山開始。獅子岩経由の往復ではきついこともあって、別の周回コースで下山することする。コースは柳木ヶ峰から南西斜面に分岐する。

柳木ヶ峰からは、急坂ながら順調に下る。途中から、はっきりとした尾根に変わり、稜線が浅間山へと続く。見上げるとこの山のシンボル的存在、獅子岩が立派にそびえる。

base
唐沢川の源流
13:23=標高905m
唐沢川の源流

尾根づたいに浅間山へ縦走するプランは反対多数で否決され、弛んだコースを採用する。唐沢川を下る。ちなみにここは大タルミ。

base
名残りの紅葉
13:25=標高900m
名残りの紅葉
* 写真の標高は GPSと地形図による推定

名残りの紅葉を眺め、落ち葉で埋まる唐沢川を進む。やがて林道に出合い、足腰をクールダウンしつつ七号橋に到着は14時39分。