.
栗駒山
GPSによるコース記録と山行レポート
L width R width

栗駒山:周回/中央コースと東栗駒コース

時期2011年7月22日
所要時間 4時間36分 = 3時間49分(歩行)+ 47分(休憩)
行程 【イワカガミ平 8:03】-【9:40 栗駒山 10:08】-
-【11:17 東栗駒山 11:17】-【12:39 イワカガミ平】
【経由地】以外の各区間で休憩 2-10分
登山口イワカガミ平:駐車100台/トイレあり
bsline
コースマップ

イワカガミ平から 栗駒山中央コース

L width R width

訪れようと思った矢先、岩手宮城内陸地震があってプランはダメになった。そして涙が止まらない東日本大震災、三年がかり二度目の栗駒山だ。


base
イワカガミ平
8:05=標高1120m
イワカガミ平

十年前は須川温泉から入ったので、今度は南側のイワカガミ平をベースに回りたい。調べてみると、震災のため通行可能なのは中央コースと東栗駒コースらしい。

base
石畳の歩道
8:08=標高1150m
石畳の歩道を行く

それでもこのコースで、私たちにとって不足はない。雲が多いけれど雨の落ちることはなさそう。気温はイワカガミ平で12度!!!涼しいのを通りこしている。登山カードを出して8時03分に出発。

base
霧が晴れる
9:09=標高1410m
栗駒山 霧が晴れる
拡大

登山口はきれいに整備された石畳の歩道だ。涼しいと思ったが歩けばやっぱり汗。1時間ほど登ると霧が晴れて栗駒山の稜線が見える。

base
山頂へ
9:24=標高1540m
山頂へ
拡大

どうも安定した天気ではなさそう。栗駒山本峰の上空は雲が切れるが、東栗駒山は姿を見せてくれない。標高1400mを越えるあたりで、石畳は砂礫の歩道に変わる。 標高1560m付近で東栗駒山方面の登山路に出合う。復路に通るコースだ。

base
栗駒山頂
9:40=標高1627m
栗駒山 山頂

山頂へ向けてゆるい登り坂をたどる。路肩にアザミなどお花もチラホラ。山頂に9時40分到着。登りの所要時間は、10分間の休憩を入れて1時間37分。私たちにすればちょうどいい。

base
鳥海山が近い
出発 10:08
鳥海山が近い
拡大

西側を見てあっと息をのむ。よそ者の私の感覚からすると、鳥海山が意外に近いのだ。それと対照的に遠く北方の雲海に浮かぶのは岩手山だろうか。山頂だけ出した姿で、小さすぎてはっきり判らない。

東栗駒山をへて東栗駒コース

L width R width
base
東栗駒山へ
10:14=標高1565m
東栗駒山へ
拡大

山頂で30分ほど昼食などして10時08分に出発。東栗駒山を経由する周回コースで、途中に楽しみなお花畑があるらしい。でも相変わらず東栗駒は雲に隠れている。

登山路のわきにウラジロヨウラクやタテヤマリンドウなどが散発的に顔を覗かせる。

base
コメツツジ
アザミ
タテヤマリンドウ
ウラジロヨウラク
オノエラン
アカモノ
コメツツジ
アザミ
タテヤマリンドウ
ウラジロヨウラク
オノエラン
アカモノ
base
トキソウ
キンコウカ
トキソウ
キンコウカ

中央コースを分け、新湯沢の源頭にあたる辺りまで降りてくるとグンと花が多くなる。

トキソウはひと株だけだが、キンコウカは付近で群生している。

base
閉鎖
10:47=標高1475m
裏掛コースは閉鎖中


お花見散歩を続けていると・・・やっぱり裏掛コースは閉鎖中だ。

base
栗駒山
10:52=標高1470m
ふり返ると栗駒山
拡大

シャクナゲが多くなるが、もう満開をすぎている。この辺りからふり返って見る栗駒山もなかなか端正でいい。

base
霧に隠れそう
ゴゼンタチバナ
10:58=標高1450m
東栗駒山頂近くで ゴゼンタチバナ

反対方向の東栗駒山は霧の中に消えそう。きょう一度も東栗駒山の全容を見せてはくれない。

base
東栗駒山
11:17=標高1434m
東栗駒山

東栗駒山は、遠くは何も見えず11時17分通過。山頂近くでゴゼンタチバナに会えた。

base
滑沢
11:39=標高1335m
滑沢を下る:新湯沢の上流
拡大

山頂を離れてしばらくすると、水音が聞こえる。新湯沢に出合う。道がないと思ったら、左岸沿いの岩づたいにマーキングがある。高低差で約35m、距離では100mくらい。

base
滑沢2
11:44=標高1320m
滑沢を下る
拡大

乾いた岩なので滑ることなく、ロープの助けもある。最後は対岸に渡渉。相方さんは靴をちょっと濡らす。

base
滑沢3
11:48=標高1310m
滑沢を下る
拡大
base
歩きにくい
12:17=標高1185m
チョッと歩きにくい
* 写真の標高は GPSと地形図による推定

中央コースと比べると東栗駒コースは悪路とまでは言えないが、歩きにくい。最後にレストハウスの洗い場で靴を洗う。きょうは無人のようだ。12時39分に到着。