三床山 ハイキング
GPSによるコース記録と山行レポート
L width R width

鹿嶋神社から 三床山 二床山 一床山 を周回

時期2013年6月29日
所要時間 3時間07分 = 2時間39分(歩行)+ 28分(休憩)
行程 【鹿嶋神社 駐車場 8:11】-【9:04 三床山 9:13】-【9:50 二床山 9:56】-
-【10:09 一床山 10:18】-【10:28 西入の頭 10:32】-【11:18 鹿嶋神社 駐車場】
登山口鹿嶋神社駐車場:駐車20台以上/トイレなし
bsline
コースマップ

三床山へ --- 鹿嶋神社から 尾根コース

L width R width

石尊山に続いて桐生や足利、佐野周辺の安蘇の里山を歩こうと思う。今度ものんびりと、三床山 二床山 一床山をめぐる。


base
鹿嶋神社 駐車場
8:05=標高90m
鹿嶋神社 駐車場
拡大

最近開通した北関東道を使う。カーナビが古すぎて佐野田沼ICが載っていないが、何とか登山口の鹿嶋神社にたどり着く。県道66号から少し入っただけなのに民家はなく、別世界のような風景がある。

base
参道と道標
8:07=標高90m
参道と道標:一床山 二床山/三床山

未舗装の駐車場は雑草で半分くらい覆われ、私たちの車しかない。身支度を終えて、出発は8時11分。

参道の入口に小さいけれど、道標が立っている。ちょっと安心。鹿嶋神社の参道を進む。

base
参道の先に石鳥居
8:13=標高90m
参道の先に石鳥居

間もなく、行く手に鳥居が見えてくる。

base
石鳥居
8:14=標高92m
石鳥居をくぐる

三床山への登山道は鳥居の左に分け入るようだが、せっかくなので参拝させていただく。

額束に「正一位鹿嶋神社大明神」と記された立派な石鳥居をくぐる。鳥居の隣に「猿田彦大神」の石碑が並ぶ。

base
鹿嶋神社と狛犬
8:15=標高90m
鹿嶋神社と狛犬
拡大

ペアの狛犬に護られた奥に朱塗りの社が構える。一種独特の雰囲気の中、鈴を鳴らして拝礼する。登山道は鳥居まで戻らなくても、社のすぐ脇に並行する。

ところどころ轍には水溜りがあり、それを避けながら行く。数分で沢コースと尾根コースの分岐になる。どちらにするか迷うが、見晴らしが期待できそうな尾根コースを選ぶ。

L-F
R-F
尾根コース
分岐道標
尾根コースを進む
8:19=標高98m
分岐道標:沢コース/尾根コース
base
道標:出尾根コース
8:22=標高110m
道標:出尾根コース

イノシシやクマが出没するなどと物騒な貼り紙がある。ああ失敗、熊鈴を車に置き忘れてしまった。

作業道が終わり、階段状の登山路となる。尾根への取り付き点だ。「出尾根」コースと道標にあるからには、他にメインとなる尾根コースがあるのかな。

低い灌木のヒサカキに囲まれた林間コース。きょう最初の訪問者はクモの巣の洗礼を受ける。ストックでかわしながら、右手の団扇でパタパタと暑さをしのぐ。

L-F
R-F
ヒサカキ林
ヒサカキ
ヒサカキの林
ヒサカキの葉っぱ
8:25=標高135m
8:29=標高150m
base
ヒノキ林
8:33=標高170m
ヒノキ林
拡大

ヒノキの林に変わり、視界が開ける。東側はゴルフ場になっていて、眼下にグリーンが見えかくれする。

base
登山道
8:40=標高200m
平らになった道

標高210mの小ピークを過ぎてコースは一旦なだらかになるが・・・

base
急登
8:45=標高235m
ジグザグ急登が始まる

そのあとはがらり一変、本日一番のジグザグ急登が始まる。

base
大きな岩
8:49=標高255m
大きな岩を左に巻いて
拡大

大きな岩を左に巻いて・・・

base
縦走路
9:02=標高320m
縦走路の道標:鹿嶋神社 出尾根コース/二床山

標高320m付近になると少しずつ視界が開け、縦走路に出合う。見えるのは隣にある尾根なので、二床山とか高松だろうか。

ゆるやかになった山頂部を東へ進むと、三角点の先に山頂標識と石祠が三つ鎮座する。到着は9時04分。丸太の腰かけも置かれる。木の間越しに眺望がある。

L-F
R-F
三床山
さらに石祠
三床山 山頂の石祠
さらに石祠がふたつ
9:05=標高335m
9:12=標高335m
* 写真の標高は GPSと地形図による推定

二床山・一床山・西入の頭 --- 稜線歩きと下山

L width R width

三床山を9時13分に離れる。等高線の4本分を下ってコルに着くと、南側からの沢コースに出合う。そのうちに沢コースも登ろう。

L-F
R-F
三床山のコル
道標:鹿嶋神社 沢コース
三床山のコル:沢コースに出合う
道標:鹿嶋神社 沢コース/三床山/二床山
9:21=標高295m
base
岩尾根にマーキング
9:25=標高300m
岩尾根に赤マーキング
拡大

立ちふさがって見える岩塊に躊躇する。しかし、近づいてみると赤いマーキングが誘導してくれて、左側に難なく抜けられる。

base
二床山と高松
9:29=標高300m
二床山と高松の尾根
拡大

小さな300mピークから尾根が見える。これは二床山と高松の2峰を結ぶ尾根に違いない。

base
大岩を迂回
9:32=標高295m
大岩を右へ迂回

地形図が示す縦走路は、小さなアップダウンが続くようだ。その尾根道をふさぐ目前の岩峰も右への巻き道で迂回できる。

base
分岐の道標:小三床山
9:37=標高310m
分岐の道標:小三床山(5分)

標高320mの小ピークに小三床山へ分岐の分岐。雲行きが怪しいので、立ち寄るのはやめる。つぎの機会にきっと訪れると思う。

base
振り返って三床山
9:42=標高300m
振り返って三床山:300mピーク
拡大

隣りの標高300mピークに立つと眺望がいい。東側を振り返って見える山、あれが歩いてきた三床山だ。

base
二床山を眺める
9:42=標高300m
二床山を眺める:300mピーク

その反対側には二床山が小さく隆起する。

base
道標:高松の分岐
9:52=標高320m
道標:高松の分岐

二床山山頂の数歩手前に高松を経由して鹿嶋神社へ下る道標が立つ。ここと思うところには、同じ様式の道標が整備されていて新参者には心強い。

base
二床山
9:53=標高320m
二床山

二床山の山頂。ゆっくり歩いても三床山から37分の行程。南側に高松ピークや佐野市が見晴らせる。

base
岩尾根
9:59=標高310m
岩尾根

小休止して一床山へ向かう。二床山と一床山の区間はちょっぴり岩尾根が続く。

base
よっこらしょ
10:07=標高320m
よっこらしょ

危なくないし変化があって面白い。ちょっとした所に気配りの補助ロープがある。

base
一床山山頂の展望
10:09=標高320m
360度の展望:一床山山頂
拡大

一床山に到着。ここは三床山3峰のうちで最も見晴らしが良い。360度の展望だ。歩いてきた三床山が見え、二床山は手前に重なる。

base
山頂標識
10:18=標高320m
山頂標識

山頂に座れそうな板切れがあり、しばらく休憩。そして西入の頭へ向かう

base
西入の頭
10:28=標高285m
西入の頭

西入の頭から西にも踏み跡が伸び、その先は「沢入の滝」に至るらしい。古い道標があり進行方向は分かるが、位置不詳。事前情報もつかんでいない。

なので当初プランどおり、西入の頭から南尾根に分岐して鹿嶋神社へ下る。

下りはじめは少し急斜面。梅雨どきらしくあちらこちらキノコが目に入る。

base
R-F
下山開始
キノコ
いよいよ下山開始
何キノコ?
10:31=標高285m
base
町並みが近い
10:44=標高245m
町並みが近い
拡大

標高250mを過ぎ、なだらかな起伏で尾根道が続く。アカマツが目立ち、町並みが近い。

base
急降下
10:51=標高200m
今度は急降下

なだらかな下りが終わって最後の急降下になる。それも長くは続かない。

base
道標:一床山/鹿嶋神社
11:01=標高130m
道標:一床山/鹿嶋神社

ゆるい下降の後、作業道に突き当たる。近くに工事中の道路が見える。逆回りで、鹿嶋神社から一床山へ向かうコースはこの道標がなければ入山口は分からないだろう。

谷筋に付けられたコースはあちこちに湿地がある。それでも、シーズン外れなのか花らしい花に出会えない。

base
小沢と道標
11:06=標高110m
小沢を越えると道標:鹿嶋神社/一床山

小沢を渡るところに道標がある。この道標は沢沿いに登れというのだ。逆方向ではないかと、不信感を持つ。

しかし、進みながら徐々に進路を変えて鹿嶋神社へ向かっている。道標は正解だった。

base
高松分岐
11:15=標高102m
高松への分岐
* 写真の標高は GPSと地形図による推定

つぎは高松を経由する分岐の道標。刈りはらわれて時間が過ぎたのか、今の時季はヤブが多そうだ。

全般的には道標が整備された良いコースと思う。縦走路に岩尾根もあって変化があり、魅力的な里山なのに人っ子ひとり出会うことはなかった。

駐車場に11時18分到着。朝と同じように私たちの車が1台あるだけ。