紅葉の 西大巓
GPSによるコース記録と山行レポート
LR
概要紅葉の 西大巓 往復
山行時期2015年10月5日/晴れ
所要時間 4時間40分 = 3時間44分(歩行)+ 56分(休憩)
行程 【ゴンドラ山頂駅 9:18】-【10:56 標高点1843mコブ 11:09】-【11:42 西大巓 12:11】-
-【12:34 標高点1843mコブ 12:34】-【13:58 ゴンドラ山頂駅 】
【経由地】以外の各区間で休憩 0-14分
登山口グランデコスノーリゾート:土・日 駐車無料/ゴンドラ往復 1,620円
コースマップ

グランデコから 西大巓 往復

LL L C R RR

10月に入ると裏磐梯の里はすでに色づきはじめる。紅葉狩りもしたいし、ちょっぴり高いところにも登りたい。ゴンドラを利用した紅葉狩り山歩きを選んでみた。


ススキと紅葉
9:28=標高1440mススキと紅葉

拡大

ゴンゴラを降りると、ナナカマドかカエデの紅葉がちらほら。

磐梯山
9:43=標高1530m磐梯山

拡大

雲が多い空のむこうに、霞み気味の磐梯山シルエットが浮かぶ。

岩ゴロ
10:05=標高1620m岩ゴロの登山道

拡大

ゲレンデを過ぎると、登山道は岩ゴロとぬかるみ。とくに下山時はいやな道・・・という昔の記憶がよみがえる。

赤い実
10:10=標高1635m赤い実はゴセンタチバナ

足もとに赤い実が目につく。これは白い花を咲かせるゴゼンタチバナの秋姿だ。

紅葉・黄葉
10:15=標高1655m紅葉・黄葉

拡大

背丈のあるシラビソなどの樹林帯なので、見晴しはきかない。でもカエデやナナカマドなどの紅葉に癒される。

ナナカマド
10:47=標高1805mナナカマド

拡大

小さな赤い実をたくさん付けたナナカマド。

山頂部が見える
11:30=標高1940m山頂部が見える:ピーク1940mから

拡大

山頂の途中に小さなコブが三つある。いずれも標識はないが、目印になる。二番目がこのコブ。目をこらせば山頂が見える。

ナナカマド
11:35=標高1955mナナカマド

拡大

三つめのコブを過ぎシラビソに混じって、ナナカマドが赤い実と葉をつける。紅葉する植物ではもっとも映える赤色と思う。

東に西吾妻山
11:57=標高1965m東に西吾妻山:山頂直下で

拡大

高度をかせいできた。森林限界を過ぎると東側に西吾妻山がドンと座る。西吾妻小屋の赤い屋根が見える。

樹氷ができる西吾妻山はさすがにシラビソが多い。その中に黄葉して点在するのはブナ林だろうか。

11:57=標高1982m西大巓:山頂標識 山頂直下
三角点
11:57=標高1982m三角点

山頂に着くと数組のハイカーが休憩中だ。私たちも腰をおろして山食とする。この樹木にさえぎられて、北東の西吾妻山は見えない。

古い山頂標識が立ち、三角点の標石は傾いている。

11:58=標高1982m安達太良連峰:山頂展望 安達太良連峰
磐梯山
12:01=標高1982m磐梯山は雲隠れ:山頂展望

拡大

南東方向に安達太良連峰がある。白っぽいのは沼ノ平の爆裂火口か。

拡大

磐梯山は雲隠れして、櫛ヶ峰がやっと見えるだけ。桧原湖や秋元湖、それに雄国沼が小さく見えている。

山頂で30分ほど休憩後、12時11分出発。

* 標高は GPS測位と地理院地図による推定