.
乳頭山(烏帽子岳)
GPSによるコース記録と山行レポート
L width R width

乳頭山:周回コース/黒湯から一本松沢、田代平

時期20011年7月19日
所要時間 5時間22分 = 3時間54分(歩行)+ 1時間28分(休憩)
行程 【黒湯 駐車場 7:59】-【8:38 旧一本松温泉 8:40】-【10:23 乳頭山 10:38】-
-【11:10 田代平山荘 11:42】-【13:11 通過 孫六温泉 通過】-【13:21 黒湯 駐車場】
【経由地】以外の各区間で休憩 0-27分
登山口黒湯 駐車場:駐車30台/トイレなし
bsline
コースマップ

黒湯から一本松沢を登る一本松コース

L width R width

乳頭温泉郷に泊り、秋田駒ヶ岳に続いて乳頭山をめぐる。初めての乳頭山は昨日より天気が良さそう。


base
黒湯 駐車場
base2
7:59=標高855m
黒湯 駐車場

黒湯温泉にある駐車場をベースにする。駐車場にトイレはない。7時49分に出発、いったん黒湯の宿まで等高線3本ほど下降する。

base
黒湯沢を渡る
base2
8:03=標高830m
黒湯沢を渡る

黒湯の経験はないが、いつか入浴したい。たぶん乳頭温泉郷はどれも流化水素泉の白いにごり湯だろう。宿のわきにある道標をチェックして山道に入る。

base
右岸に渡る
base2
8:16=標高860m
一本松沢の右岸に渡る

小さな黒湯沢を渡り、本流の一本松沢に沿ってしばらく進む。ふたたび橋が現れて、一本松沢の対岸に渡る。暑い日射しから木陰に入れたのでほっとする。

base
乳頭山見える
base2
8:28=標高930m
乳頭山が見える
拡大

この先に砂防ダムがあるらしく、右岸を高巻いて高度をかせぐ。すると、前方に乳頭山の特徴的な山頂部が見えるではないか。

base
旧一本松温泉跡
base2
8:35=標高940m
旧一本松温泉の跡

平らな道はやがて一本松沢に出合い、しばらくは沢歩きになる。「旧一本松温泉跡」の金属製の碑があり、源泉らしき湯船がある。温度はぬるく、よく見ると湯船の底にクマの足跡がくっきり!!

base
木道
base2
9:57=標高1080m
木道

クマの足跡にドッキリして温泉跡を早々に離れる。コースは一本松沢から遠ざかり、木道と木段が連続する。

base
花1
花2
花3
9:26=標高1210m
9:26
9:27

ちょっぴり急登が続いて汗をかいたご褒美にお花が癒してくれる。

base
秋田駒ヶ岳
base2
9:28=標高1210m
秋田駒ヶ岳が見える
拡大

そして目を上げると、昨日あまり見ることができなかった秋田駒ヶ岳がすぐそこに・・・

base
田代平山荘
base2
9:49=標高1305m
田代平山荘が見える
拡大

標高1250m付近から眺望できるようになる。秋田駒以外に山座同定はできないけれど、八幡平や森吉山はどれだろう。帰路に辿る田代平山荘が遠くにぽつんと見える。

base
花4
花5
花6
花7

高度が上がって視線を足元に移せば、多くの花が咲く。数の多さでは秋田駒に劣るかもしれないが、ここも花の名山だ。

base
乳頭山2
base2
10:04=標高1385m
木道の向こうに 乳頭山
拡大

木道の向こうに乳頭山のピークがそびえる。もうひと頑張り、というほどきついコースではないけれど・・・

base
ガレた道
base2
10:16=標高1450m
つぎは ガレた道
base
南壁
base2
10:19=標高1465m
南側の岩壁は荒々しい
拡大

山頂直下で近寄って見る乳頭山は、遠くで見せる穏やかさとは別物である。南側の岩壁は荒々しい。

base
ミヤマリンドウ
base2
10:22=標高1470m
山頂に咲くミヤマリンドウ

山頂標識まで数十歩、こんなところにミヤマリンドウがひっそり咲く。

base
乳頭山3
base2
10:23=標高1477m
乳頭山:背景は秋田駒ヶ岳
拡大

乳頭山の山頂到着は10時23分、休憩を含んで2時間24分。もう一度、秋田駒ヶ岳を眺めると、その右肩に鳥海山が見える。肉眼では残雪もハッキリ見えるが、この画像サイズでは無理。

base
岩手山
base2
岩手山
* 写真の標高は GPSと地形図による推定

東には、雲のまとわりついた岩手山の姿。

田代平をへて孫六温泉孫六コース

L width R width

15分間の休憩をとって10時間38分に山頂を離れる。黒湯/田代平山荘との分岐まで往路を引き返す。下方に広がる田代平が見えるので心強い。

base
base2
Y分岐
道標up
base3
base4
10:47=標高1405m
黒湯/田代平山荘の分岐
道標:田代平山荘1.0km
base
田代平山荘
base2
11:14=標高1275m
田代平山荘
拡大

田代平山荘に下る途中で、きょう最初で最後の女子ハイカーひと組に行き会う。私たちとは逆回りで黒湯に戻るらしい。

田代平山荘はトイレもある2階建ての避難小屋である。中に入って30分あまり昼食休憩をとってのんびりする。

base
池塘と乳頭山
base2
11:17=標高1275m
田代平から乳頭山
拡大

田代平山荘の周りには大小の池塘があり、鏡のように山荘や乳頭山を映す。

base
池塘
base2
11:45=標高1270m
小さな池塘
拡大

すこし離れた木道のわきに小さな池塘があり、ニッコウキスゲが咲いている。

base
大白森分岐
base2
11:47=標高1270m
大白森分岐
拡大

山荘を出て西に200mほどで孫六温泉/大白森の分岐になる。

base
道標
base2
道標:乳頭山2km/大白森7km/孫六温泉2km
base
base
断続的に木道
普通の山道
base2
base2
12:15=標高1100m
12:36=標高960m
断続的に木道・・・

田代平の平坦なコースもやがて尾根筋のごく普通の山道になる。それなりの傾斜や木道、ぬかるみ道などいろいろ。秋田駒の登りで使った新道コースが良すぎたのだ。

base
休憩スポット
base2
休憩スポット
12:43=標高945m

下り坂がゆるやかになって小さなピークに着くと、孫六温泉0.6kmの標識とベンチが置かれる。のどが渇いて、小腹も空いたので10分あまりの小休止をとる。

base
孫六温泉
base2
孫六温泉にふり返ってパチリ
13:11=標高820m
* 写真の標高は GPSと地形図による推定

腰を上げて尾根を下る途中から建物の屋根が見えてくる。流化水素のニオイが漂い、孫六温泉の道に出合う。軒先を通って一本松沢にかかる橋を渡る。