石尊山 深高山
GPSによるコース記録と山行レポート

足利 石尊山 深高山 ハイキング

時期2013年6月9日
所要時間 往路 1時間51分 = 1時間44分(歩行)+ 18分(休憩)
折返し点休憩12分(深高山)
復路 1時間19分 = 1時間04分(歩行)+ 15分(休憩)
行程 【駐車場 8:21】-【9:29 石尊神社 9:30】-【9:41 石尊山 9:51】-【10:23 深高山 10:35】-
-【11:07 石尊山 11:22】-【11:29 石尊神社 通過】-【12:09 駐車場】
登山口石尊不動尊:駐車5-6台/トイレあり
bsline
コースマップ

石尊山 深高山往復コース

毎年4月まではスノーシュー歩きに気を取られ、ふつうの山行から遠ざかる。昨年の12月以来、久々の山歩き。梅雨の晴れ間をねらって、日帰りで近場を歩こうと思う。


base
駐車場
出発 8:21=標高122m
登山口の駐車場

低山ながら石尊山は初めてのお山。駐車場はあるのか・・・カーナビが示す登山口に近づくとそれらしい場所がある。足利市小俣町の叶花集会所で、ここも車が置けそうだ。もう少し進む。 300mほど先にある入口を見落として、Uターンして分け入る。

田圃の中の細い参道を通り、ヒノキとスギ林の中に登山口があった。

base
梵天祭り
梵天祭りの案内板
拡大

こぢんまりした駐車スペースに「石尊山の梵天祭り」の案内板が立つ。

base
案内板
自然環境保全地域の案内板
拡大

そして「自然環境保全地域」の案内板も。
1台だけあった駐車が去って私たちの車だけになる。

base
トイレ
簡易なトイレ

すぐ脇に簡易なトイレがあり、私たちは利用しなかったが、緊急時?には役に立つ。

base
石尊不動尊
8:22=標高125m
石尊不動尊

すぐ先の石尊不動尊で、出発を前にして感謝と安全の参拝。

base
登山道
8:26=標高140m
スギ並木の登山道

なだらかな林間の登山道を進む。ヒノキとスギが暑い日射しから守ってくれる。

上左
中
左
八丁目・石仏
九丁目
拾丁目
八丁目と石仏
九丁目
拾丁目
8:31=標高185m

背後は砕石の残骸が積まれて・・・

8:33=標高195m
8:34=標高195m

右手に岩山が現われ、足元には八丁目の標柱と石仏が座る。背後は砕石の残骸が積まれて、折角の雰囲気が壊される。すぐ先に九丁目、拾丁目の標柱が続く。新参者には、この丁目の意味が分からない。

丁目は石尊山特有の住所か?・・・それとも尺貫法でいう距離とするならば、一丁目は約100mになるが・・・

base
十三丁目・女人禁制
8:41=標高230m
十三丁目/女人禁制
拡大

平らになったところに高い標柱があり、そこにはなんと「女人禁制」の文字。この期に及んで・・・登山口に明示してないのだから、登っても天罰だけは与えないで下さい。

base
十五丁目
8:45=標高260m
十五丁目

十五丁目を通り過ぎ・・・

L-F
R-F
標高300mを越えたところ、ベンチでひと休み。休憩後に歩きだして足もとを見たら、すぐ隣りに十九丁目の標柱がある。
休憩
十九丁目
十九丁目で休憩
十九丁目
8:53=標高305m
8:59=標高305m
base
二十壱丁目・尾根道
9:04=標高350m
二十壱丁目・尾根道

この十九丁目の上部は明るい尾根道になる。その分、すこし陽が射して暑さを感じる。

base
南の見晴し・石切場
9:09=標高360m
南の見晴し・石切場
拡大

南側の見晴しは、石切場で重機の音がコツコツ響く。日曜日でも休まずに仕事してる。ご苦労さま。

base
釈迦岩展望
9:19=標高410m
釈迦岩展望

「釈迦岩展望」の案内板があるので、尾根道から脇に入った岩場から眺めると、なるほどそれらしい形の岩が見える。

base
北側の眺め
9:26=標高420m
北側の山々と家並み
拡大

南側はちょっと無粋なので、反対側の北面を見る。遠くは赤城山が霞み、手前に鳴神山や袈裟丸山がある。直下は県道218号線に沿ってのどかな家並みが点々と。

base
石尊神社の石灯篭
9:28=標高440m
石尊神社の石灯篭

石尊神社奥宮に近いらしく、Y分岐を左に入るとこの石灯篭がある。このまま進むと奥宮の裏になるので、戻ってY分岐を右に進む。

base
石尊神社奥宮
9:30=標高450m
石尊神社奥宮

あいにく石尊神社奥宮は改築中の様子。扉は開け放たれ、内部に木材が積まれ、足場が組まれている。しかし、人の気配はない。

奥宮の前をいく歩道は狭く、足下は急峻な斜面になっている。踏み外したらどこまで落ちるか・・・

base
ベンチ・コブ
9:33=標高455
奥宮の裏山にベンチ

奥宮の裏山にまわるとベンチが置かれ、見晴し台にもなっている。せっかくのベンチなので休憩したいが、陽ざしがあるので諦める。

base
石尊山
9:41=標高486m
石尊山

なだらかな尾根歩きが続いて、間もなく石尊山に到着。途中は良い見晴しがあったが、この山頂は林で目隠しされる。

base
湯殿山分岐
10:00=標高480m
湯殿山分岐

湯殿山への登山道は、崩落の危険があるので通行禁止の標示。

地形図で考えたプランは、湯殿山経由の周回コースだったが、往復コースに変更するしかない。

base
ショウブ
10:16=標高475m
ショウブ

石尊山から深高山までは、なだらかで長く感じる。きょう初めて、花と言えそうなショウブに出合う。たった一輪が登山道のわきに咲く。思わずパチリ。

尾根道の最後の登り、標高差で30mほどを登りつめて深高山の山頂に着く。小さめの石祠が鎮座する。

L-F
R-F
深高山
山頂標識
深高山 山頂
山頂標識:石尊山 湯殿山/猪子峠 粟谷町
10:23=標高506m
* 写真の標高は GPSと地形図による推定

復路はここが折返し点になる。途中の石尊山山頂は木陰になって涼しい。腰を下ろして、お握りで軽い昼食にする。

復路では、単独行者3名と10名ほどのパーティに出会う。登山口には駐車4台に増えた。