.
温泉ヶ岳
GPSによるコース記録と山行レポート
L width R width

温泉ヶ岳 シャクナゲお花見ハイキング

時期2007年6月19日
所要時間 登り 1時間58分 = 1時間23分(歩行)+ 35分(休憩)
山頂休憩 = 31分(休憩)
下り 1時間29分 = 1時間16分(歩行)+ 13分(休憩)
行程 【金精トンネル 9:00】-【9:30 金精峠 9:37】-【10:39 根名草山分岐 10:45】-
-【10:58 温泉ヶ岳 11:29】-【11:39 名草山分岐 11:39】-
-【12:19 金精峠 12:32】-【12:58 金精トンネル】
【経由地】以外の各区間で休憩 0-20分
登山口金精トンネル:駐車20台/トイレなし
bsline
コースマップ

金精峠 = 温泉ヶ岳往復

L width R width

梅雨の晴間をついた、奥日光 温泉ヶ岳のシャクナゲお花見ハイキング。


base
金精山
9:34=標高2015m
金精峠から金精山を望む
拡大

金精トンネルの日光側に車を置き、熊鈴をザックに付けちょうど午前9時00分に出発。 金精峠までの標高差170mは階段や根っこにつかまる急登だ。

base
男体山
9:35=標高2015m
男体山と湯ノ湖:金精峠から
拡大

峠に着けば視界が開く。金精山や男体山が見え、湯ノ湖は小さく下にある。標高2000mを越えると開花はもっと遅いのかな。峠にお花が見当たらない。

歩きだすと付近はシャクナゲのトンネル状態になる。それでも標高2200m以上になるとお花たちは姿を消す。

base
base2
base3
満開のシャクナゲ
シャクナゲ
ミツバオウレン
ムシカリ
ハクサンフウロ
ハクサンフウロ
満開のシャクナゲ
蕾みのシャクナゲ
ミツバオウレン
白い ハクサンフウロ
ピンクの ハクサンフウロ
ムシカリ(オオカメノキ)
base
尾根歩き
10:23=標高2205m
白根山をバックに尾根歩き
拡大

尾根歩きは見晴せて気持ちいい。山肌に残雪が見え、高度が上がると日光白根山の溶岩ドームが現れる。

base
丸沼と菅沼
10:23=標高2205m
西側はくびれて見える 菅沼
拡大

西側に見えて、くびれた水面は菅沼。奥にある丸沼は隠れているようだ。

base
道標
10:46=標高2265m
分岐を示す道標
拡大

地形図には温泉ヶ岳の山頂を通る登山道は載っていない。標高2250m付近から樹林帯に入って残雪があり、踏み跡も怪しい。そのうち温泉ヶ岳と根名草山との分岐を示す道標を見つけてほっとする。

base
燧ヶ岳
10:58=標高2333m
燧ヶ岳:温泉ヶ岳山頂から
拡大

分岐から山頂まではひといき。シラビソの間から北側に燧ヶ岳や平ヶ岳などが見える。

base
刈込 切込
刈込湖と切込湖:山頂から
拡大

東側に視線を移し、小さな湖に気づく。それはサングラスを縦に置いたように並んだ刈込湖と切込湖だ。その向こうに太郎山、奥に女峰山や大真名子山が控える。

base
温泉ヶ岳
温泉ヶ岳:山頂標識
* 写真の標高は GPSと地形図による推定

梅雨どきの晴間とシャクナゲに感謝しながら、山頂でのんびり昼食。

このあと往路をそのまま辿って下山、金精トンネルには12時58分に到着。日光湯元の濁り湯で汗を流し、満足のシャクナゲお花見ハイキングだった。