奥日光スノーシュー
高山
w-fix
高山 北尾根を下る
時期2004年2月28日 2011年 更新レポ
気象晴/気温 -4℃(駐車場)/積雪 100cm(公表値)
所要時間3時間13分 = 2時間32分(歩行)+ 41分(休憩)
行程竜頭滝 駐車場 7:45 出発
1465mコル 8:36 〜 8:38
途中休憩08分
途中休憩18分
高山 山頂 9:46 〜 9:59
鹿柵ゲート  10:22 〜 10:23
竜頭滝 駐車場  10:58 到着
登山口竜頭滝 上 駐車場:30台
WCは竜頭滝 下 駐車場
その他日帰り温泉:日光アストリアホテルやしおの湯 など
レンタルスノーシュー:アストリアホテル・三本松の売店
コースマップ
GPS記録
* 地図閲覧には JavaScript を有効に

1.登り歩行時間:1時間33分

夏道は登りやすいが、雪崩が怖い。そう考えて楽に登れそうなコースを探す。鹿柵沿いの山裾を北へ200mほど回り込み、斜面への取り付き点に近づく。

ところが手前に深さ5−10mほどのミゾが進路をふさいでいる。仕方がないので、手近の小尾根に取り付く。この尾根も結構キツくて、四苦八苦するうちにピーク1506直下に出てしまう。

bs

コル1465m

夏道は北側斜面から登ってくる:標高1465mのコル

すこし下ってコル1465(↑写真)に辿りつく。尾根に出たので一息いれる。積雪100cmと言っても、稜線直下の北面は風で飛ばされて、あちこち地肌が露出する。

bs

1545m

ピーク1565mへ:標高1545m付近

道標の立つ1565ピークを越え、尾根づたいに山頂まで夏道を忠実に歩く。スノーシューの裏は雪ダンゴ、春が足早にやってきている。

bs

高山

高山 1667.5m

bs

夏

夏の山頂
2007年8月

高山の山頂は樹木に囲まれてスッキリとは見晴らせない。梢越しにやっと白根山や前白根が見える。西側の急斜面はジグザグの夏道である。ここも雪崩が怖いので、別のコースを考えた。


2.下山歩行時間:59分

山頂から戦場ヶ原へ落ちる北尾根を下ろうと思う。樹木がやや多いものの、スノーシューで下れる程度の緩急があって良い。

標高1570m付近でコブ状の平らな地形(↓写真)が見えてくる。この辺りで尾根は北→北東へ曲がる。

bs

コブ

標高1570m付近から見えるコブ

梢越しに見える左の稜線は前白根

再びコブ状の地形が標高1490m付近(写真↓)で見える。この辺りまで降りてくると、右手の斜面がゆるやかだが、鹿柵に突き当たるので尾根の左手山腹を下る。やがて尾根は戦場ヶ原に没する。

bs

コブ2

標高1490m付近から見えるコブ

梢越しに見える山王帽子・太郎・真名子・男体山

平らな雪原に降りたところで、鹿柵沿いに西へ進む。ほどなく夏道と合流する1420m付近が鹿柵のゲートになる。柵内に入るとなんだか檻に入った感じ。石楠花橋は男体山の方角になり、それを目あてに東へ進めばそのうち車道に出合うだろう。

*
ほぼ同じコースの更新レポ:2011年はこちら・・・。

関東甲信・裏磐梯など50コース