.
裏磐梯スノーシュー
GPSによるコース記録と山行レポート
L width R width

イエローフォール

時期2008年3月4日(初回:2006年2月7日)
気象曇り・小雪/気温 -4℃(駐車場)/積雪 340cm(HP公表)
所要時間 登り 0時間33分 = 0時間32分(歩行)+ 01分(休憩)
イエローフォールで休憩 = 11分
下り 1時間39分 = 1時間33分(歩行)+ 06分(休憩)
行程 【リフトトップ 9:27】-【9:33 銅沼 9:34】-【10:00 イエローフォール 10:11】-
-【10:21 川上温泉分岐 10:21】-【10:31 1159mピーク 10:35】-
-【10:53 リフトトップ 10:55】-【11:50 駐車場】
登山口 裏磐梯スキー場
レンタルスノーシュー:2,000円(センターハウス)/リフト:乗り継ぎ 300円×2回
bsline
コースマップ

裏磐梯のコースいろいろ

銅沼 − イエローフォール 登り32分

L width R width

裏磐梯でスノーシュー スポットと言えば、イエローフォールが挙げられる。厳寒期だけ現れる神秘の氷瀑だ。ロケーションは磐梯山の北麓。


裏磐梯スキー場の第1・第2リフトを乗り継げば、高度を200m稼いでくれる。楽な道具は利用しよう。登りの標高差は95m、下りが290mという行程。

base
base
base
base
第1リフト乗り場
第2リフトトップ
案内板
磐梯山は雲の中
9:09=標高935m
9:23=標高1105m
9:27=標高1105m
第2リフトトップ
第1リフト乗り場
磐梯山は雲の中
案内板:磐梯山の成因と噴火

平日というのにツアー客の多さには驚きである。静かだった2年前と違って、イエローフォールは大盛況。スキーヤーやボーダーとは対照的に、リフトに乗る客はスノーシューのほうが多い。

base
磐梯山
9:26=標高1105m
磐梯山:リフトトップから

そんなグループがいくつも出発前ミーティングの真っ最中。フリーの私たちはリフトに一番乗りして集団から抜け出す。

第2リフトを降りると桧原湖が見え、標識が整っている。足もとをうっすらと新雪が覆ってはいるが、踏み跡で見事に凹んでU字溝のようだ。

base
銅沼を見下ろす
9:34=標高1115m
銅沼を見下ろす丘

悪天候かなと思ったが、何とか持ちそうだ。小さな起伏を越えたり避けたりして進むと、小高い丘に出る。ここは銅沼を見渡せて、標識の立つ標高1115m地点である。

base
銅沼の真ん中
噴気
9:38=標高1110m
銅沼の真ん中に立って

銅沼の中央を渡る。火口壁に沿うように進む。いくつか白い噴気が立ち昇っている。

base
銅沼をふり返る
9:41=標高1115m
先行者トレースが点

遠くまで真っすぐ続く雪原は広い河原状の地形である。左から伸びる森と火口壁との鞍部を目指して直進する。この雪原の途中から先行者らしいトレースが現れる。

base
銅沼をふり返る
銅沼
9:52=標高1170m
銅沼をふり返る

丘の上1170mに立って銅沼方面をふり返る。蟻の行列のようにのハイカーが点々と続いている。

やがて、前方の斜面に小さな黄色の点が見えてくる。近づくにつれて大きくなり、それがイエローフォールだと分る。

base
2008黄滝
10:02=標高1200m
2008年イエローフォール

2年前も想像よりは小さな氷瀑と感じた。2008年は雪が多いせいか、さらに氷瀑が小さいようだ。

base
2006黄滝
2006年イエローフォール
* 写真の標高は GPSと地形図による推定

微妙にアングルが違うけれど、氷瀑の下部が2006年のほうが露出している。たぶん、時季によって変化するのだろう。

イエローフォール − 駐車場下り 1時間33分

L width R width
base
北西側
イエローフォールの北西側を見る
10:05=標高1190m

温かいスープとおにぎりで腹ごしらえをして10時11分、下山開始。川上温泉方面へゆるい斜面を下降する。

base
火口壁
10:16=標高1145m
火口壁を右に見ながら・・

櫛ヶ峰から北へ伸びる火口壁を右に見ながら緩斜面を下る。リボンなどの標識は発見できない。

base
前方に1159mピーク
道標
10:19=標高1140m
前方に標高点1159mピーク
10:22=標高1138m
道標:裏磐梯下山道

緩斜面を下りきると裏磐梯下山道という道標がある。前方には進路をさえぎるように小高い丘がある。夏道に合流したらしく、リボン標識が付きはじめる。

base
イエローフォール遠望
10:32=標高1159m
イエローフォール遠望:1159mピークから

小さなアップダウンが続き、標高点1159mのピークにたどり着く。このピークからふり返るとイエローフォールはただのシミにしか見えない。○印の先あたりがそれ。

第2リフトに方位を定めて進む。丘あり窪地ありの小さな起伏が続く。

平らな雪原になるあたりで往路でつけた自分のトレースが見える。第2リフトの東側が下降点になる林間コースだ。ハッキリしたトレースがついている。11時50分センターハウスに到着。